背中ニキビ対策は冬こそ肝心|夏には安心して水着になれます

dasdsa

背中ニキビを治すには冬は絶好のタイミング
寒い冬は肌を露出しないので、正しいケアをすれば日に日に治っていくのを実感できます。
繰り返す背中ニキビから、ニキビ跡・シミのような色素沈着まで治す事ができます。

kgjnhm5冬になると、背中や胸ニキビが一気に発生しやすい環境になります。
原因は乾燥とターンオーバーの遅れ。

乾燥する冬は、肌のバリア機能を低下させ、角質や毛穴が硬くなり、毛穴に皮脂や雑菌が詰まりやすくなってしまい、アクネ菌が大量に繁殖してしまうんです。

また、肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、古い角質やメラニン色素・アクネ菌の炎症はそのまま肌内部に残ってしまいます。

冬の背中ニキビ対策で重要なのは、ターンオ
ーバーを整える事と、炎症を抑える事。

背中も胸のニキビも肌内部まで浸透する薬用
クリームを使う事で早く治ります。
ニキビ跡・シミ・黒ずみも治せます。

⇒実際に治るまでの経過をまとめました

冬の間違った背中ニキビ対策|治らない原因

fuyuj1こんなケアやってませんか?

●マルチビタミンなどのサプリを飲んでる
●お風呂でやさしく洗ってる
●とりあえず保湿クリーム塗ってる
●シャンプー後に体を洗う

どうでしょうか?当てはまりますか?
あまり効果が無かったハズです。

上のケア方法は、背中が綺麗な人が背中ニキ
ビの予防のために行う事であり、治すための
ケア方法とはちょっと違います。

背中ニキビを治すには、ターンオーバーを整
えて、角質層の奥から炎症を抑える事。
ニキビ跡に悪化してる人は色素を排除する事

⇒実際に治るまでの経過をまとめました

冬の背中ニキビ対策が効果的な理由

fuyuj2冬のうちに背中ニキビ・跡を治したい。
こんな人は夏までに治る可能性が高いです。

背中ニキビが厄介なのは、角質が厚く、乾燥
しやすい事。とくに冬はバサバサに乾燥しま
すからスグに毛穴に皮脂が詰まります。

ですが逆に汗をかかない時期なので、正しい
ケアをすると早く治る時期でもあります

冬は正しい背中ニキビ対策をすると、夏よりも
治りが早いという特徴があります。

kijij1理由は汗の量が少ない事
汗の量が少ないという事はそれだけ雑菌の繁殖が少ないという事になります。

雑菌の繁殖が少ない冬に肌の奥からうるおい
で満たし、ターンオーバーを促進させる事で
一気に背中や胸ニキビが治って行きます。

重要なのは肌の奥から乾燥を防ぐ事です。

乾燥した角質の厚い背中にも浸透する薬用の
クリームを塗る事で、いつも繰り返していた
背中ニキビを綺麗に完治させる事ができます

⇒実際に治るまでの経過をまとめました

お風呂で背中ニキビを治したい人には

mnkij1お風呂でのケアで背中ニキビを治したい人は
正しい洗い方とニキビを治す石鹸も効果的。

とくに冬は入浴後の乾燥がひどくなるので、
無添加で肌に刺激の無い石鹸を使う事で、
潤いを持続させターンオーバーが整います。

また、冬でも皮脂は分泌されてますから、
毛穴奥に詰まった皮脂を除去できる石鹸を
使用する事でニキビは早く治ります。

面倒なケアはしたくない。お風呂だけで背中や胸ニキビを治したいという人は、背中や胸のニキビを治す入浴法も効果的です。

⇒【女性必見】私のお風呂の入り方を公開しました

背中のニキビ跡やシミ・黒ずみなら|冬には2倍の効果

kako-HvxHIe2QWTfnKJTQ冬は肌奥の角質層がバサバサに乾燥するので
ニキビ跡やシミ・黒ずみに悪化する季節です

肌が乾燥して、かゆみがあり、ボリボリかい
ていたら肌が黒ずんできたという人もかなり
多いのではないでしょうか?

このような状態を色素沈着と言いますが、
ニキビ跡やシミ・黒ずみのような色素沈着は
角質層の奥に薬用成分を浸透させる事が必要

浸透力が高い物ほど効果を発揮します。

とくに冬は汗をかかないので、肌への吸収率
が高く、夏場の2倍の速度で背中のニキビ跡
やシミ・黒ずみが治って行きます。

⇒実際に使ってみた感想をまとめました

背中ニキビやニキビ跡対策は冬から始めると効果的

kangwa1背中ニキビは治りにくいからこそ

肌奥の角質層の奥から乾燥を防ぐ事のできる
背中ニキビのための薬用クリーム。

春になると徐々に温かくなって、胸元や首周
りが開いた服や半袖を着るようになります。

夏には水着を着たり、タンクトップやキャミ
ソールでお出かけする事もあるでしょう。

そんな時に困るのが背中や胸のニキビ。

春や夏までに完璧に治したいなら、冬から
ケアを始めるのが一番確実な方法です。

⇒実際に使ってみた感想をまとめました


 

 

 

 

 

 

 

 

背中ニキビは冬に対策してこそ本領発揮!!!背中ニキビは冬になるとひどくなりがち・・・。冬って乾燥する季節ですよね。喉が乾燥するのと同じで肌もかなりカサカサしてしまいます。その乾燥をほったらかしにしてしまうと背中にブツブツニキビがたくさん出来てしまいます。いわゆる乾燥が原因で出来る背中ニキビ。普段から気をつけていれば出来ない背中ニキビ。でも、背中は見えないしケアがしづらい場所なので乾燥していても放置している人がほとんどなのが現状です。「なんか、背中が乾燥してるみたい・・・・」って人、鏡で見たり手で触ってニキビを確認してみるとブツブツやシミが出来ていませんか?冬場の肌の乾燥は背中ニキビが非常に出来やすいんです。夏の海やプール、恋人との旅行を満喫するには冬から背中ニキビケアをすれば完璧に治ります。冬の乾燥が背中ニキビを悪化させる冬は夏に比べて肌が乾燥しやすくなっています。夏はあまり感じることはないと思いますが冬場の空気はカラカラで肌の水分を蒸発させやすくなっています。これが肌が乾燥してしまう原因。乾燥していると皮脂腺が肌を守ろうと皮脂を大量に放出します。皮脂は適度な量は必要ですが、多すぎると毛穴が詰まってニキビが出来やすい肌になってしまうんです。さらに、乾燥は肌のターンオーバーの働きを妨げてしまいます。健康な肌、ニキビの無い肌は28日という周期で少しずつ角質が剥がれて新しい皮膚に生まれ変わります。でも、乾燥していたり何かしらのトラブルになっているとその機能は衰えていってしまいます。冬の乾燥によって、肌のターンオーバーを遅らせると背中一面にニキビが一気に発生します。冬はお店に行くとどこでも暖房がついていませんか?
この暖房で汗をかいていることって気付いていないだけでほとんどの人が大量の汗を出しています。夏みたいにポタポタ落ちるまでとはいきませんが汗をかいた後の肌は菌がたくさんいて不衛生なんです。厚着している冬は、肌が蒸れてしまうのでとっても汚いんです。ニキビにとってすごくいい環境を知らない間に作っているかもしれません。汗が蒸発するときも、乾燥してしまいます。夏でも冬でも汗をかいたらこまめに拭きましょう。外からお店などに入ったときには上着を必ず脱いでなるべく汗をかかないようにしてください。乾燥しないように保湿ジェルを使う保湿するケア用品ってたくさんありすぎてどれを使えばいいのかわかりませんよね。人が使って良いと言われているものでもあなたの肌に合うのかは使ってみないとわかりません。また、薬品成分が入っているようなものは肌を刺激していろんな肌トラブルを招くこともあるので注意が必要なんです。背中ニキビを治すため、乾燥しないために使っていたのに逆にニキビが悪化したり塗ったあとにピリピリして違和感を感じてしまうことがあります。ニキビケア、特に背中等の肌が薄く弱い部分は添加物が入っていない、薬が配合されていない保湿クリームを使って肌に潤いを与える事が重要。夏に向けての背中ニキビ対策は冬から始める事夏に海やプールで楽しむ為、恋人や友達とお出かけする時に背中や肩を自身を持って見せたい人は冬からのケアが重要。背中や肩、デコルテのニキビは顔のニキビと違い、治りが遅いのが特徴です。女性の方に多いのですが、顔は毎日保湿するのに、体はほとんど保湿しない人が多いのが現状です。背中や体にニキビが出来ている人はほとんどの場合、部分的乾燥肌だったり、ターンオーバーが遅れています。ターンオーバーが正常なサイクルに戻る為には通常、一か月から数カ月必要ですから、冬からケアすれば、夏に間に合う様になります。体や背中の皮膚のターンオーバーを正常に戻すには保湿クリーム、特に無添加の保湿クリームが非常に効果が高いのです。海やプールで水着になる際、恋人に自身を持って裸を見せる為にも早い時期から保湿してケアしましょう。

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ