背中の皮脂量は顔と同じ|ニキビ・角栓・毛穴詰まりの治し方

hisissen

4senakahisi毛穴に詰まった皮脂をちゃんと落とす事こそ
背中ニキビや跡、角栓の治し方の基本です。

背中ニキビも顔のニキビも、一番の原因は毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌や雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまう事。毛穴が詰まってる状態のままだと、どんな事をしても治せません。

背中ニキビがなかなか治らないという人のほとんどは、毛穴に皮脂が詰まったままの状態か、すぐに詰まってしまうような肌質の人。

そこで今回は「皮脂の毛穴詰まりと背中ニキビの治し方」について具体的に解説します。

皮脂の毛穴詰まりさえ解消してあげれば、背中ニキビを治すのは簡単。赤いブツブツの人も、シミのようなニキビ跡の人にも効果的です。


⇒正しいお風呂の入り方と洗い方はコチラ

背中の皮脂詰まりを治すポイントは2つ

65senakahisi以下の2つはニキビケアの鉄則です。

  • 奥の皮脂・殺菌をシッカリ落とす
  • 詰まりにくい肌質・毛穴にする

皮脂の毛穴詰まりを治すためには、お風呂で洗う際、毛穴の奥までシッカリ洗浄し、皮脂・雑菌をシッカリ洗い落とす事が大前提です。

だからこそ、お風呂で体を洗う時には、
ニキビを治せる薬用の石鹸で洗うのがベスト。

ニキビを治す薬用の泡が毛穴に入り込んで、
こびり付いた皮脂を残さず吸着して洗い落とし、アクネ菌や雑菌を素早く殺菌してくれます



furoswe薬用石鹸で洗う時のポイント

まずは石鹸の泡をモコモコに泡立てて、刺激を与えないように泡を押さえるようにして、手洗いをするのです。この時にこすってはダメ。

こすらなくても薬用石鹸の泡は、粒子が細かいので毛穴の奥まで入り込み、こびり付いた皮脂をシッカリ吸着して洗い落とす事ができます。

石鹸は安くてもよいので、ちゃんと薬用効果のあるニキビ用の物を使うのがポイント。
毛穴に詰まった皮脂をシッカリ落とせます。

まずは皮脂をシッカリ落とす事が大切。
とくに背中は皮脂が残りやすいですからね。


⇒私のお風呂での洗い方の写真がコチラです

毛穴の奥まで洗う事が第一ステップ

3furosweニキビを治す場合はまず「洗浄」を正しくしてください。とくに背中は顔以上に皮脂分泌量が多い場所なので、非常に詰まりやすい場所。

小さい毛穴でも奥まで入り込めるように、粒子の小さい泡で洗うことにより、毛穴の奥までシッカリ洗浄する事ができます。この時に薬用の殺菌効果のある泡なら、皮脂だけでなくアクネ菌やバクテリアも同時に洗い落とせます。

背中ニキビを短期間で治したい人こそ、
必ず薬用石鹸の泡でしっかり洗う事。

ニキビ用の石鹸で背中を洗うと、ビックリするくらい皮脂が落ちて、お風呂上りに触るとツルツルになってるのが実感できるハズです。


⇒実際に使ってる写真|この泡だちがスゴイ

洗浄と同時に「肌の潤い」を保つ事

6furosweニキビケアで大切なのは「洗浄」と「保湿」

必要な皮脂と水分のバランスを整えて
肌のターンオーバーが促進されます。

多くの人が背中ニキビを治せないのは、
洗う事にばかり時間と手間をかけて、保湿を適当にすませているから全然治らないのです。

背中ニキビを治すためには、皮脂詰まりを無くす事が大切なのですから、皮脂を落とすだけでなく、詰まりにくい肌質にする事が重要。

皮脂をシッカリ洗い落とすと同時に、肌・毛穴を柔らかくして、皮脂排出しやすいような健康で代謝の良い状態にする事が大切です。

肌に優しいニキビ用の石鹸なら、保湿効果も同時に与えてくれるので、ターンオーバーが整って柔軟でバリア機能のある肌になります。


⇒コチラが実際の私の写真|泡で洗ってる所

皮脂詰まりを治すには石鹸の見直しを!

616senakahisi肌に低刺激、泡で皮脂を分解できる石鹸

背中ニキビだけでなく、顔もデコルテも二の腕のニキビも、確実に治すためには、毛穴の奥に詰まった皮脂をシッカリ落とす事が大切。

皮脂が毛穴に詰まったままだと、どんなに評判の良いスキンケアを使っても、皮膚科や病院の薬を使っても治る事はほぼありません。

逆に、保湿効果が高く弾力のある薬用石鹸の泡なら、小さい毛穴の奥まで入り込んで皮脂を残さず吸着し、肌のバリア機能も高めます。

また、薬用石鹸で体を洗う事で、背中だけでなく、顔・胸・二の腕・お尻などのニキビや吹き出物・肌荒れ全般を防ぐ事ができるのです。


⇒安いけど効果はバツグン♪使ってみた感想

背中のザラザラ・角栓も早く治る

2akisena薬用成分が皮脂を吸着して分解する

背中のザラザラした角栓は、毛穴に詰まった皮脂が酸化して飛び出してる状態。背中ニキビと同じくらい肌が汚く見え、そのままにしてると黒くなってシミのように色素沈着します。

このような背中のザラザラ(角栓)も薬用石鹸で洗う事で、ツルツルに治す事ができます。

背中ニキビとザラザラした感触が気になる方はぜひ、ニキビ用の薬用石鹸の泡で洗ってみてください。メチャクチャ綺麗になりますよ。


⇒この泡が皮脂を吸着|実際に洗ってる写真

もしニキビ跡やシミの場合には…

83sengaもし現在、背中のニキビ跡やシミ・黒ずみのような色素沈着をおこして、ずっと消えない状態なら、薬用石鹸で洗うだけでは治せません。

ニキビ跡やシミのように色素沈着してる場合、皮脂を落とすだけでなく、肌の内側へ美白成分と保湿成分を浸透させる事が必要です。

ニキビ跡・シミを消すには、角質層内に染み付いたメラニン色素を体外に排出させる事が必要なので、ターンオーバーを活性化させて、美白効果で浮き上がらせたメラニンを古い角質と共に外へ排出させる事が必要となります。

この時に必要なのが、美白効果のある薬用保湿クリーム。角質の厚い背中の皮膚でも奥までスーッと浸透してニキビ跡を治してくれます。


⇒実際に使い、ニキビ跡が3ヶ月でこの状態

まとめ 背中ニキビやザラザラを治すには

3senakdi1背中ニキビを治すには、毛穴内部に皮脂や雑菌を残さず、保湿効果が高い薬用石鹸の泡でやさしく洗う事が非常に効果的です。

皮脂詰まりがニキビの原因だからと、ゴシゴシ洗ったり肌をわざと乾燥させる人がいますが、絶対にやってはいけません。悪化します。

人体のメカニズムとして、皮膚が乾燥すると皮脂腺はさらに多くの皮脂を分泌させます。これは乾燥から肌を守ろうとする皮脂線の働き。

つまり、洗って皮脂を落とす事は大切なのですが、肌が乾燥してしまうと逆効果になり、逆に皮脂分泌量を多くさせてしまいます。

ですから皮脂詰まりを改善させるためにも、乾燥を防いでバリア機能・ターンオーバーを高める薬用成分でケアする事が大切なんです。


⇒背中ニキビを治す石鹸|実際に使った感想



























背中ニキビを治すには皮脂詰まりを無くす事から
背中のヌルヌルした皮脂をシッカリ落として、脂っぽい背中ニキビを直すための治し方。背中の皮脂量ってどのくらいが適量なんでしょうか?皮脂がニキビの原因っていうのは分かっているけど・・・皮膚から出る脂って誰にでもあります。その脂が多すぎてしまったらニキビの栄養源となってたくさん増えてしまいますよね。それが皮脂。誰もが自分の皮脂が今どのくらいなのかなんてわかりません。ニキビが出来てしまったり、肌がべたついていたり毛穴が黒ずんでいたりした時に初めて皮脂のことを気にしだします。でも、その時点で既に肌はトラブルを抱えてしまっているんです。自分で皮脂量をコントロールして毛穴の詰まりをなくすにはどのような対策をしたらいいのでしょう。皮脂による毛穴の詰まりをなくすには?そもそもニキビはなぜ出来るのでしょうか?原因はいろいろあります。ストレス、油ものばかりの食事、寝不足、ホルモンバランスの乱れ・・・。でも、最終的に肌にある無数の毛穴が詰まることが原因で出来てしまいます。皮脂が多すぎてしまう。しっかりと洗えていない。乾燥肌で皮脂が放出されていない。このことが主な毛穴の詰まりの原因です。では、皮脂が多く分泌されてしまう原因とは一体なんでしょう?乾燥してしまうと皮脂腺は皮膚を乾燥させまいとして皮脂をたくさん出します。これは肌を乾燥から守るための皮脂線の働きによるものです。よく、背中がヌルヌルしていたり体が脂っぽいなと思う人は肌を乾燥から守るために皮脂腺が頑張っているのかもしれません。皮脂は無いと乾燥してしまい、ありすぎると毛穴が詰まりニキビが出来てしまう・・・。うまく皮脂腺の働きをントロールしてあげる事が重要です。皮脂をコントロールするには、乾燥しないように保湿を徹底し、適切な洗い方で洗うだけでも肌の状態ってすごく変わるんです。背中は手の届きにくいところだからといってタオルでゴシゴシこすってはいませんか?そのゴシゴシのせいで、毛穴を詰まらせているかもしれません。ゴシゴシこする事で肌が傷付き、肌表面が乾燥気味になるのです。背中の乾燥防止には、まず、やさしく洗う事。しっかり泡立てた泡を優しく肌に転がしてあげるだけで泡が汚れをとってくれます。さらに、毎日、保湿を徹底すると皮脂の量が適度に保たれ、背中ニキビが治っていきます。顔と背中は皮脂量が同じ。でも背中は顔より敏感肌なんです。顔は普段鏡を見る機会が多いですが背中を毎日チェックする人ってあまりいないですよね。顔にニキビが出来たらすぐ気付くけど背中のニキビは気付きにくい・・・。気付くとたくさん出来ていることが多いんです。顔と背中は皮脂量は同じなんですが、気付くタイミングが違うだけでニキビの治り方も変わってしまいます。また、背中の皮膚は顔の皮膚より敏感です。顔にニキビが出来たら、何をしますか?ほとんどの人は丁寧に洗顔し、化粧水や乳液などのケアを徹底してしますよね。背中ニキビの場合は顔のニキビより優しく洗い、保湿に徹底しなければいけません。背中は敏感なので、すぐに部分的乾燥肌になりやすいのです。毛穴の詰まりの原因、皮脂を適度に保ち、ニキビを無くし、綺麗な肌を持続させる為にはお風呂での洗い方と、入浴後の保湿の徹底で短期間で治るんですよ

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ