背中のかゆみ|ゴシゴシと強くこするとブツブツの原因になります

背中のかゆみって
背中ニキビの原因になります。

sentio175

 

背中がすごくかゆい事ってありませんか?
そのときってどうしますか?
痒いまま耐える人なんてあまりいないですよね。

 

手が届かない所だったら近くにいる友達や家族、
恋人にかいてもらったり、
孫の手でガリガリかいた経験ありませんか?

 

sentio176背中のかゆみを解消する為の
ガリガリとかく行為が
実は背中ニキビの原因になってる可能性があります。

 

ゴシゴシと強くこすってしまったら皮膚が痛んで
バイ菌が入ったり、ニキビが出来ていたら潰れてしまいます。

 

背中ってなぜ痒くなってしまうんでしょうか?

 

綺麗に背中を洗っていると思っていても・・・。

sentio177

背中を洗うときって何を使っていますか?

 

タオルや泡立ちのいいゴシゴシナイロンタオル、背中用のブラシなど
いろんなものがありますよね。

 

そのタオルやブラシ、清潔ですか?
と聞かれて自信を持ってイエスと答えられる人ってあまりいないと思います。

 

お風呂の菌やカビは
背中ニキビの原因になります。

sentio178

人にはマラセチア菌といって誰にでもいる常駐菌がいます。
このマラセチア菌は皮脂腺から出る皮脂を栄養とするので
皮脂の分泌が多い背中にたくさん潜んでいるんです。

 

背中や体を清潔に保っていると思っていても
タオルやブラシが原因で
マラセチア菌をもっと増やしている可能性もあります。

 

菌が増えすぎてしまうと肌が敏感に反応してしまい
赤いブツブツがたくさん出来てしまいます。
これが俗に言う背中ニキビの一種。

 

本来はナイロンタオルやブラシで洗うのって
肌にはあまりよくないことなんです。

 

背中は力加減が難しく、洗いづらい場所・・・。
力を入れすぎたことで皮膚の表面を傷つけたり、
乾燥しないように分泌されている皮脂が
落ちすぎたりすると背中ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

肌には皮脂の量をコントロールしてくれる働きがあるので
皮脂が足りなさ過ぎてしまうと逆に大量に放出しようとします。
必要以上の皮脂は毛穴のつまりや脂っぽい肌を作るきっかけになりますので
ニキビが出来やすい環境となってしまうのです。

 

sentio179

また、皮脂が足りないと乾燥しやすくなります。
これが痒みの原因になってしまうのです。

 

皮脂のコントロールって目には見えないので難しいですよね。
脂っぽいな、少し痒いなと感じたらそのときは既に健康な肌ではありません・・・

 

背中を清潔に保ちつつ、かゆみを軽減していくには?

sentio180

タオルやブラシを使わずに
背中を綺麗に保つには?
かゆみを抑えるには?

 

それは手を使って洗うんです。
石鹸を泡立てて手でマッサージをしながら洗うことで
開いた毛穴の汚れや不要な皮脂だけを落とせるので
肌に刺激を与えずに洗うことが出来ます。

 

また、余計な力を入らずにすむので
肌を傷つけることがありません。
肌に刺激が少ないので、かゆみも抑える事ができるんです。

 

「でも、手にも雑菌がたくさんいるんじゃない?」と思いますよね。
確かにその通りです。手にも菌はたくさんいます。
でも、石鹸を使って洗った手で肌を触って荒れたことってありますか?
手にいる菌ってその程度のものなので
タオルやブラシより断然綺麗なんですよ。

 

わざわざ買う必要もないし、肌にとってすごくいいので
今日からでも試してみてください。

 

ゴシゴシ洗いは肌を痛めるだけ。
泡で優しく洗うだけで汚れはキレイに落ちますし、
かゆみも徐々に抑える事ができます。

 

背中ニキビが気になる場合は入浴後の保湿を忘れずに

背中ニキビやブツブツを治すには
入浴後の保湿で簡単に治ります。

sentio181

肌を優しく手で洗ったからといってそのままにはしないでください。
皮脂の量や肌の水分量が極端に少ないお風呂上りは乾燥してしまいます。

 

乾燥してる状態は皮脂の分泌量が増え、
背中ニキビが一気に増えていきます。
乾燥は肌にいいことは何一つありません。

sentio174

背中のかゆみや背中ニキビ、
背中のブツブツ、二の腕やデコルテのニキビを治すには
入浴後の保湿が必須です。

 

背中ニキビが出来やすい人、
かゆみがひどい人、
体にシミやニキビ跡がある人、
敏感肌の人は無添加の保湿クリームが効果絶大です。

 

>>>日本一効果が出る 体のブツブツを治す保湿クリームとは?

 
 
 
 
 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ