肌にやさしい天然素材|背中や体のニキビ対策は刺激の少ない服選びから

肌にやさしい天然素材で背中ニキビが改善できます。

ニキビは刺激を受けてしまって起こる摩擦によって肌が弱くなり出来やすくなります。

刺激は皮膚のバリア機能を弱めてしまい、ニキビが出来るアクネ菌や
汗による雑菌の増殖を高めてしまうんです。

ほとんどの服が化学繊維や合成繊維で作られていて
値段の割には使い勝手のよいものが多いですよね。

でも、それは肌にとってはとても刺激となっているので
ニキビ対策には適していません・・・。

天然素材と合成繊維の違いとは何でしょう。

肌にやさしい天然素材の種類とは?

自然界のものを使って衣類となっているものが天然素材ですが
カシミヤやウール、麻、シルク、木綿といったものがあります。

なぜ天然素材がいいのか・・・。

それは、通気性や素材のやわらかさ、吸湿性に優れているからです。
天然素材で作られているものは値段が少し高いですがニキビが出来にくい環境を作ってくれます。

ニキビが出来やすい環境は、
○汗で雑菌だらけの肌
○服の摩擦によって傷ついている肌
○摩擦で傷つき乾燥している肌

上記の肌はニキビが出来やすく悪化しやすいんです。

肌に優しい天然素材なら、汗をかいても通気性に優れているので乾きやすく蒸れにくい。
そして、動いても肌が擦れて表面を傷つけることを最小限にしてくれます。

化学繊維や合成繊維とは、ポリエステルやレーヨン、アクリルやポリウレタンなど
強度や熱に強い素材、染色するときに染まりやすいといったものをいいます。
このようなものは、繊維が荒く通気性などがあまり良くないため
肌が蒸れたり見えない傷が付いてしまいます・・・。

そうなると肌が少しずつ弱くなり、バリア機能として備えている皮脂膜や角質などにも影響が出てきます。

皮脂膜や角質が破壊されてしまうと、水分が保たれなくなり
どんどん蒸発してしまいます。
そして、この二つはニキビが出来ないようにあるとても大切な役割があるんです。

汗や大気中に含まれる菌の侵入を防いだり、菌に負けない肌を作るため肌が乾燥しないために
毎日細胞を作り出しています。

もし、服による刺激でこれらが無くなったり菌が増えすぎて対応できなくなってしまったら・・・。
ニキビだらけの汚い醜い肌になってしまいます。

そして、皮膚に必要不可欠な水分が無くなり
ターンオーバーが十分に働かなくなりニキビ跡としてもっとあなたを苦しませるでしょう。

肌への刺激はニキビ悪化となるので、服を選ぶときには肌にやさしい天然素材をオススメします。

今まで刺激を受けていた肌を元に戻すためには・・・

天然素材ではない服を着ていた場合、これから肌が乾燥してかゆみやニキビが出来てくることがあります。

乾燥している肌に刺激を与え続けると肌質が変わることがあるので早めに対処が必要です。

ニキビが出来ているということは肌の機能が果たされておらず
内部では重大なトラブルになっています。

肌の機能を回復させるためには刺激を与えずに保湿することが大切です。

保湿をきちんとしていれば、バリア機能が改善され肌の抵抗力が向上されます。
ということは、ニキビ菌にも効果があるということになります。
また、保湿することでターンオーバーの働きもよくなりニキビが治るだけではなく
周りから見ても綺麗になったと思われるような肌になるので一石二鳥です。

合成された着色料や香料やコスト削減のために用いられる鉱物油や
商品が長く持つように含まれている添加物やパラベンなどは刺激となり
決して肌に優しいものとは言えません。

最悪の場合、ガンやアレルギーといったことになる可能性がありますし、
皮膚炎や湿疹などにもなることがあります。

なので、肌に優しい天然素材の服を着るとともに
保湿するときにも肌に優しいものを使ってください。

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ