背中ニキビは冬になると急増|乾燥してるのに何故治らないの?

背中ニキビが冬になっても治らない。
乾燥してるハズなのに、どんどん悪化してしまう・・・。
何故?何故?何故~?

sen1

冬は空気中の水分が少なく、乾燥しがち・・・。
のどが痛くなってしまったり、
風邪などのウイルスが充満してしまうのは乾燥してる事が原因。

 

背中ニキビも同じで、
冬になり乾燥してしまうと
肌表面が硬くなり、皮脂が肌内部に溜まり、
アクネ菌の大量発生につながります。

sen2

冬の乾燥のせいで保湿が充分に出来ずに
一気に背中ニキビが出来たり、
悪化してしまう人が多いのはこのため。

 

本来の健康な肌は、乾燥していると水分が欲しくなるので
体自ら保湿しようとする働きがあります。
この為、皮脂というものが分泌されるのです。

 

sen3

皮脂は水分を保つための保持能力や
空気に含まれているたくさんの菌や化学物質から
肌を守ってくれるバリア機能があります。

 

分かりやすく言えば、
皮脂は肌の保湿やうるおい保持、
ツルツルの肌を作る為には必要なもの。

sen4

「じゃあ皮脂はたくさんあったほうがいいんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、
皮脂で重要なのは、適度な量の皮脂分泌が大切なのです。

 

過剰な皮脂増加は毛穴を詰まらせてしまいますし
たくさんの皮脂が肌にあると
菌が増殖し、アクネ菌の大量発生により、ニキビが大量発生します。

 

sen5

この仕組みは
背中も二の腕のデコルテも顔も同じ。
乾燥して肌が硬くなると皮脂が詰まるんです。

 

なので、背中や体のニキビを治すには、きちんと保湿をして
肌を柔らかく、清潔にして
皮脂の量を適量に調節してあげる必要があります。

 

冬の背中ニキビ対策は乾燥を防ぎ、肌を柔らかくすること

sen6

皮脂が大量に分泌されてしまうと
毛穴が詰まり角栓というものになってしまいます。

sen7

この角栓によって落ちなければいけない
汚く古い皮脂がそのまま毛穴に残り、
そこから菌が発生して皮膚が赤く腫れるニキビとなってしまいます・・・。

 

皮膚は真皮から作られている水分や
空気中の水分を吸収して
潤いを保とうとするんですが
冬の乾燥した空気では必要な水分を吸収できずに肌が乾燥してしまいます。

 

>>>乾燥と背中ニキビの関係はコチラの記事

よって、冬になり肌が乾燥すると、
体からの信号で、皮脂が大量に分泌されます。

 

皮脂そのものは肌にとって重要なもので
少なければ肌がカサカサに乾燥してしまったり
バリア機能が低下するので
菌が皮膚についてしまうと
炎症を起こしやすくなり、ニキビが出来たり治りが悪くなります・・・。

sen8

逆に皮脂が大量に分泌されてしまうと
毛穴から出られなくなった皮脂がどんどん溜まってしまい
皮脂古くなって汚くなり、アクネ菌が大量に繁殖し、
結果的にニキビの原因となってしまいます。

 

皮脂というものは、毎日作られているものなので、
要らなくなった汚れた皮脂はきちんと落とす必要があります。
皮脂は角質となり、硬くなって汚くなっていきます。

sen9

自然に古い角質・皮脂を落としてくれる働きを
ターンオーバーと呼びますが、
背中ニキビを治すには、この働きを正常化させる必要があります。

 

>>>ターンオーバーを正常化して背中ニキビを治す の記事へ

 

ですが、毛穴に詰まっているからといって
ゴシゴシ洗ってはいけません。

 

>>>背中ニキビをゴシゴシ洗いの関係の記事はコチラ

肌は刺激を与えると見えない傷が付き、
どんどん弱くなってしまいます。
石鹸を泡立てて手で洗うと毛穴の奥まで綺麗に洗うことが出来ますよ。

 

このように、乾燥や刺激は
肌に良いことはひとつもありません。
肌の表面が硬くなり、夏以上に皮脂は溜まっていきます。

sen10

 

ニキビ、特に背中や体のニキビは
脂性だから出来るのではなく、
冬の乾燥や、皮膚の部分的乾燥によって出来るのがほとんど。

 

清潔を保ち菌の増殖を防ぎながら
乾燥しないように毎日保湿ケアをすることが
背中や体のニキビを治す最善の方法です。

 

冬の背中ニキビ対策は徹底した保湿!でも、余計な成分は肌を乾燥させてしまう

sen11

 

夏に向けて、友達との旅行に向けて、
結婚式などのドレスを着る機会に向けて
冬から背中ニキビ対策をすると
体のニキビは数か月でキレイに治ります。

 

ただし、「保湿すれば良いんでしょ?」
という事で、どんな保湿剤でも良いのか?というと
答えはNGなのです。

sen12

皮膚はデリケートなので、
添加物や弱い酸、合成香料や着色料などでも
敏感に反応してしまう傾向にあります。

 

これを理解してないから、
皆、背中ニキビが治らない・・・・。

 

市販の良い香りがする保湿クリームを使っても
科学成分が入っていると、
痛んだ肌(ニキビの部分)が炎症を起こすのは当然です。

 

保湿剤や保湿クリームは
どんな物でも良いという訳ではありません。
ニキビが出来ている場合は
無添加の物が絶対必要なのです。

 

sen13

今使っている、また使おうとしている保湿クリームやジェルなどのケア用品は
本当に肌に優しいものですか?

 

香りがいいからとか
セールで安かったなどの理由で購入してませんか?

 

安易な気持ちで科学成分を含んだ保湿剤を使用してしまうと
今以上に肌が乾燥したりニキビの増加に繋がります。
ニキビは減るどころか赤く腫れ、
やがてはシミのようなニキビ跡になります。

sen14

添加物や薬品などが配合されていると角質細胞が破壊されて
細胞に隙間が出来てしまいますから、
ニキビは本当に治りません。

 

肌の細胞の隙間から
肌の内部の水分が表面に出てきて乾燥し、
皮脂詰まりを起こしてアクネ菌が発生するからです。

 

着色料や合成的につくられた香料にも
肌には必要の無い成分が含まれています。

 

sen15

ただでさえ乾燥して弱っている肌。
そこに不要な成分を塗ってしまえば
ニキビが治るどころか悪化してしまうのは明白です。

 

背中や体にニキビが出来ている人は
冬場はモチロン、夏にも正しい保湿を徹底する事で
肌が正常な再生能力を発揮します。

 

この肌の再生能力をターンオーバーといいますが、
背中や二の腕、デコルテのニキビを治すには、
ターンオーバーを正常化させるだけで治ります。

 

sen16

例えば、赤ちゃんの綺麗な肌は
肌のターンオーバーが活発にできているからなのです。
なので、ニキビを治すのも赤ちゃんのような肌を目指せば良いのです。

 

痛んだ肌のターンオーバーを再生させる為には、
キチンと無添加の保湿クリームで保湿してあげるだけ。

 

長年の悩みだった背中ニキビ。
冬場にかゆくて悪化する背中ニキビ。
背中や体のニキビ専用の保湿クリームを塗るだけで治ります。

>>>治らなければ返金できる背中ニキビ専用の保湿クリームとは?

 
 
 
 
 
 
 
 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ