角質除去・落としすぎはニキビが悪化|背中の乾燥肌はニキビの原因に

角質除去ってやりすぎてしまうと
肌にもニキビにも悪影響を及ぼします。
背中ニキビは特に要注意!

 
sent15

 

わざわざ病院へ行かなくても今は市販されているクリームやジェルなどで
肌に軽くマッサージをするだけで
角質がボロボロ取れるような商品がたくさんあります。

 

これは古い角質を落として表面を綺麗にし、
ターンオーバーがきちんと働くようにするためにあるものですが
古い角質は溜まり過ぎるとターンオーバーの邪魔をしてしまい
肌にとっては悪いんです。

 

でも、角質を取るってかなり肌には刺激を与えています。

 

軽くマッサージをしているだけと思っていても
ヒリヒリしたり赤くなった経験ありませんか?
やりすぎてしまうと角質ではなく肌そのものを傷つけてしまいます。

 

角質や皮脂は肌にとって必要なもの?

sent16

角質って悪さばかりするのではなく、肌にとっては必要なものです。
皮膚の表面にある角質は、紫外線や肌に必要な水分を蒸発させない働きがあります。

 

でも、溜まりすぎてしまうとニキビの原因でもあるアクネ菌がどんどん増えていき
肌が汚くなってしまいます。
この菌がニキビを生み出してしまうのです・・・。

 

角質は肌になくてはいけないものです。
足りないと水分不足で乾燥肌となってしまう・・・。
この加減が難しいところですよね。

 

皮脂は乾燥から守るために皮膚にとってはなくてはならないもの。
でも、あまりにも量が多すぎると
毛穴が詰まってしまいニキビが大量に発生してしまいます。

 

乾燥肌になってしまうと誰にでもある皮膚の脂(皮脂)の分泌が多くなります。
足りないと思った肌はどんどん皮脂を作り、乾燥から守ろうとするのです。

 

そして必要以上の皮脂をそのままにしてしまうと
アクネ菌が大量に繁殖してしまい、ニキビの原因になるのです。

 

このように角質も皮脂も必要なものですが
多すぎても少なくてもにきびの原因になってしまいます。

 

肌には自然と角質を剥がすターンオーバーという働きがあるんです。
無理やりピーリング用のジェルや石鹸、皮膚科やエステで角質を落とさなくても
古い角質だけを落としてくれます。

 

この働きをうまく機能させるためには、今のままではいけません。
きちんと自分の肌に合うケアをして健康的な肌を作ってあげましょう。

 

背中ニキビを治す、作らないために必要なことは?

sent17

普段の生活を少し気をつけているだけで
見違えるほど背中は綺麗になっていきます。

 

食生活を気にしてみたり、睡眠をきちんと取ったり
ストレスを溜め込まないということも大切です。

 

そして、乾燥から肌を守ってあげる。
これが一番重要な事です。

 

「ヌルヌルしてるから私の背中は乾燥してない」
なんて思った事ありませんか?
これがニキビケアの間違いの元です。

 

肌がカサカサとしていたり白く粉を吹いているような状態ではなくても
エアコンが付いている部屋や外にいるだけで自然と肌は乾燥してしまいます。

 

肌の理想的な水分量は40%くらいと言われていますが
果たしてどれだけの人が理想の肌を持っているのでしょう。

 

自分の肌の水分量なんて測定器がないとわかりませんよね。
でも、乾燥を防ぐことは誰にでもできるはず。

 

肌に浸透しやすく添加物が入っていないもので
入浴後、保湿クリームで毎日優しくマッサージしながら
乾燥から肌を守ってあげてください。

 

背中ニキビを治すためには肌の機能を改善することが
一番良い方法です。

 

背中のように敏感な箇所の角質除去に力を入れるよりも
保湿クリーム(無添加の物)でキッチリとケアするだけで
短期間に背中ニキビは治りますよ。

 

>>>日本で一番売れている背中ニキビ専用の保湿クリーム

 
 
 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ