春に背中ニキビが悪化する理由|夏、水着になりたい人へ

harusenaka

「春になって背中ニキビがひどくなった..」
こんな人、かなり多いと思います。

去年の秋や冬はそこまで気にならなかったけど、春になっていきなり背中ニキビが広がったり、シミのようなニキビ跡が目立つのにはちゃんとした理由と原因があります。

今回はそんな「春に背中ニキビが悪化する理由と治し方」を分かりやすく解説。

冬が過ぎ、徐々に暖かくなって外出するのが楽しくなる春。レジャーやデートに出かける時もちょっと薄手の洋服で、春の日差しを感じながら楽しみたいですよね。

春が終われば夏が来ます。

海やプールで水着になるかもしれませんし、ワンピースやタンクトップで背中を出す機会も増えてきます。そんな時に自分だけ、完全防備の厚くるしい服は着たくありませんよね。たぶん皆から不思議な目で見られます…

背中ニキビが悪化しやすい春だからこそ、
正しいケアで夏までに綺麗に治しましょう。

春に背中ニキビが悪化する理由

大量の花粉と乾燥が最大の原因

もし現在アナタが花粉症だったら実感できると思いますが、花粉が舞う春は『肌荒れ』『肌のかゆみ』が目立つ季節でもあります。

このような状態を「花粉症乾燥肌」や「花粉症皮膚炎」とも呼びますが、大量の花粉により皮膚のバリア機能を低下させるのです。

重要なのでもう一回言います。
春は大量の花粉と乾燥により、肌のバリア機能が急激に低下します。

肌を守るバリア機能が低下すると、乾燥や刺激がダイレクトに伝わり、ニキビ・ニキビ跡・シミがどんどん進行していきます。

花粉症じゃない人には分かりにくいかもしれませんが、花粉の刺激や乾燥って、実は恐ろしいくらいに肌に負担があるんです。


⇒だからこそ、薬用クリームで治るんです

花粉症じゃない人も花粉は影響する

年々危険になってる花粉リスク

花粉症の人ならご存じかと思いますが、目や鼻腔に花粉が入り込むと、体は拒絶反応(アレルギー)を起こし、くしゃみやかゆみによって、花粉を体外に出そうとします。

実はこれと同じ事が皮膚でも起こるのです。花粉が皮膚につくと急激に乾燥してカサカサ感が増し、毛穴が一気に詰まってニキビや吹き出物が背中や体全体に広がります。

また、花粉成分や乾燥による刺激によって、肌内部にメラニンが大量に生成され、シミやニキビ跡のような色素沈着に悪化します。

とくにここ数年で花粉の飛散量はかなり増えています。スギ花粉の計測が始まった1965年と2016年現在を比べると、今の花粉飛散量は2倍~3倍以上に増えています。


⇒5分で分かる!色素沈着とメラニンの関係

春こそ乾燥させない事が重要

冬よりも春の方がカサカサで危険

背中ニキビの一番の原因は乾燥による毛穴詰まりです。顔のニキビと違い、背中やデコルテ・二の腕はただでさえ乾燥しやすいので、毛穴が固くなり皮脂や雑菌が詰まるんです。

こういえば「冬」が最も危険な感じがしますが、実は「春」こそ肌が一番乾燥する季節。

暖房や空調、外気の花粉、カラカラの天候といった乾燥する条件が揃ってるんですね。

だからこそ、この時期に肌のバリア機能を高めるために「保湿」する必要があります。とくに最近は花粉量が多いのでなおさらです。

背中ニキビやシミを治したい人は、ニキビの炎症を抑える成分や、メラニンを消す美白成分を配合してる薬用クリームを塗る事で、夏までの短期間でもキレイに治せます。


⇒実際に使ってる写真|3ヵ月後の私の背中

春こそ背中ニキビを治す時!

背中ニキビが悪化しやすい春ですが、
実は一番治すべき時こそ「春」なんです。

理由は2つ。
①体の新陳代謝が活発になる
②もうすぐ夏が来る

①の「新陳代謝が活発になる」についてですが、春になると人間の体は本能からか、代謝やホルモン分泌が活発になりやすいのです。

つまり、何もしないと肌荒れやニキビは悪化しやすいのですが、逆にちゃんとケアをしてあげると春の新陳代謝に乗っかり、背中ニキビやニキビ跡・シミが消えやすいのです。

②の「もうすぐ夏が来る」についてですが、
この記事の冒頭でもお話ししたように、夏は背中を出す機会が増えます。水着やキャミソール・タンクトップを着ますから。

「隠せば大丈夫」と言う人もいらっしゃいますが、夏に自分だけ暑苦しい服を着る方が逆に勇気がいりますし、恥ずかしいです。

そんなツライ思いをしてまで隠さなくても、背中ニキビやニキビ跡はちゃんと治ります。

春こそ背中ニキビを治す絶好のチャンスです


⇒実際の私の背中の写真|3ヶ月後の結果























人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ