秋こそ効果的!背中ニキビ跡・シミが早く治る徹底ケア3段階

秋の背中のニキビ跡・シミケア
夏が終わり、秋に突入しました。

背中ニキビ跡やシミに悩んでる人にとっては、少しホッとしてる人も多いと思います。

でも逆に、秋こそ背中のニキビ跡やシミを治すには重要な時期だって知ってましたか?

秋は空気が一気に乾燥しはじめる時期なので、ニキビがニキビ跡やシミに悪化しやすい時期でもありますし、茶色や黒っぽい色が濃ゆくなって目立ちやすくなるんですね。


sidj

背中のニキビ跡やシミのような色素沈着は、乾燥し始める秋の早い時期からケアする事で来年の夏までに完璧にキレイに治せます。

また、秋は夏の肌へのダメージが落着き、ターンオーバー活性化する時期なので、秋のタイミングで薬用ケアをすると驚くほど短期間で背中のニキビ跡やシミが消えていきます。

そこで今回はこの秋に効果絶大!絶対実践してほしい背中のニキビ跡・シミ・色素沈着の治し方3段階を解説していきます。

長年のニキビ跡やシミまでグングン消えていきますので、やった感がハンパないです♪

やってみて!秋の背中ニキビ跡ケア3段階

sidj1


秋に効果的なケア方法がこの3つ

  • 角質・毛穴ケア
  • 保湿
  • 美白

秋は夏の肌へのダメージを落ち着かせるには一番重要な時期。

紫外線などの肌へのダメージが肌奥まで進行する前に、ターンオーバーを整えることでニキビ・ニキビ跡・シミの原因である不純物やメラニンを一気に解消する事ができます。

角質・毛穴ケアについて

夏は紫外線や外気にあたりやすいので、肌表面の角質が硬く厚くなってしまいます。汚れや酸化した皮脂などが蓄積されるのです。

とくに背中の毛穴には汗や老廃物、皮脂が大量に詰まってますので、角質がかなり厚くなってしまってるのです。

これを『角質肥厚(かくしつひこう)』と言いますが、夏が終わる頃には多くの人の肌はこの『角質がぶ厚い状態』になっています。

角質肥厚の主な原因としましては、

  • 紫外線・日焼け
  • 冷房による乾燥
  • 皮脂の取り過ぎ
  • 食生活の偏りによる皮脂分泌

これらのような事が挙げられます。


角質・毛穴ケアってどうすればいいの?

akise


実は簡単『洗うだけ』角質・毛穴ケア

角質ケアというと難しい事のように思えますが、要は「古く硬くなった角質や汚れ」をシッカリ落とすだけなので難しくありません。

お風呂で体を洗う際、グリチル酸のような抗炎症成分を配合した石鹸でたくさんの泡で包むように洗うだけで角質ケアは完了です。

値段は安くても良いので、ちゃんと肌荒れやニキビを治せるような「薬用石鹸」で洗う事をこころがけてください。

角質ケアで落とすべき汚れ
  • 酸化・蓄積した角質
  • 皮脂・老廃物
  • 毛穴汚れによる菌の繁殖



⇒実際に使った薬用石鹸|1ヶ月後の状態

保湿こそターンオーバー正常化のカギ

akishfidsaad


角質・毛穴ケアで老廃物や汚れを落とした後は、肌を乾燥から守りターンオーバーを促進させるために保湿ケアが必須となります。

奥まで浸透する薬用成分が大切!

保湿といってもニキビ跡やシミを治す場合には、配合されてる成分がとても重要です。

  • プラセンタエキス
  • グリチル酸ジカリウム

この2つが配合されてる物がオススメ。

プラセンタエキスの効果で肌奥までスーッと浸透していき、ターンオーバーをドンドン促してくれるので、肌のバリア機能が強化されていき綺麗な肌が短期間で生まれてきます。

また、グリチル酸配合の物ならニキビや吹き出物、日焼けなどによる炎症を治せます。
背中ニキビ跡やシミに非常に効果的です。

塗るだけなんで簡単です。


⇒こんな感じ。私の3ヶ月後の写真がコチラ

美白ケアでニキビ跡・シミの原因を消す

veeeru1


色素沈着は美白成分でしか消せない。

ニキビ跡やシミのように黒・赤茶色に残ってる状態は「色素沈着」という症状。
これはメラニンが定着してる状態です。

この色素沈着した肌は肌奥に美白成分をシッカリ浸透させないと消す事ができません。
お風呂でどんなに高級な石鹸で洗っても、ニキビ跡やシミは消えないのです。

美白成分ってどんな物があるの?
  • 高濃度ビタミンC
  • プラセンタエキス
  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸

※上記4つの成分が4大美白成分です。



これらの成分は美白効果に優れているので、美白化粧品などによく配合されています。

ただ、効果は絶大なのですが値段が高いのが難点。とくにハイドロキノンと高濃度ビタミンCは少量でかなりの値段になります。

もし、背中や腕・デコルテの色素沈着を消す場合には『プラセンタエキス』がオススメ。
※詳しくは ⇒⇒背中のニキビ跡に効く有効成分 の記事にて


fhdsfahjk


ハイドロキノンやビタミンCまでは高くないので、広い面積の背中に塗るにはピッタリです。また、プラセンタエキスは肌のバリア機能を保ち、ターンオーバーを促進させる効果もあるので、背中ニキビなどに最適です。

症状にもよりますが、背中のニキビ跡やシミならば、3~4か月くらい塗れば、ほとんどの人が綺麗に消すことができると思います。


⇒実際に私の背中の写真|3ヶ月後の比較

跡やシミが目立ってる人こそ秋が重要

fdsfhdfjkndg


ニキビ跡やシミといった長年消えなかった色素沈着を消すには、通常、3~4ヶ月くらいの期間が必要になります。

肌内部に染み付いたメラニンを体外へ排出させるためには、皮膚の角質を蓄積させないようにし、肌のバリア機能の向上と美白成分を浸透させて、肌のターンオーバーを継続させる事が必要なので最低でも3~4ヶ月必要。

つまり、来年の夏までに背中のニキビ跡やシミを綺麗に消すには、より早い時期の「秋」から始めるのが絶対効果的なのです。

背中の状態にもよりますが、3~4ヶ月あればかなり綺麗になるのは間違いありません。

薬用美白成分が肌奥まで浸透します。


⇒私の3ヶ月後の写真|比較してみました

まとめ –面白いほど消えていく–

joseinodys23


今までずっと悩んでたのがウソみたい。

ニキビ跡やシミの中でも背中や腕などの体の色素沈着ほど治しにくいものはありません。顔と同じケアをしてもなかなか消えません。

背中などの体の皮膚は角質が厚いので、一度ニキビ跡やシミが発生すると、どんどん色が濃ゆくなっていき皮膚の深層部に染みついてしまうからです。

だからこそ、夏が終わってクールダウンする秋にこそ『角質から徹底的にケアして美白』させると面白いくらい消えていくのです。

やり方は薬用クリームを塗るだけなので、別に難しい事はありません。安心して下さい。


⇒使用後2週間で実感|私の背中の写真です











人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ