背中の黒ずみ・ニキビ跡の色素沈着に|メラニンを抑える美白保湿

dfdsd1

背中の黒ずみやシミ・ニキビ跡は角質層内に
メラニンが染みついている状態。

sssa7肌が乾燥したり、刺激をうけたり、ニキビの
炎症が起きると肌を守るためにメラニン色素
が発生してしまいます。

健康でターンオーバーが整ってる肌ならば、
通常なら1ヶ月程度でメラニンは排出されま
すが、乾燥した状態はそのまま残ります。

乾燥した肌はターンオーバーが正常に働かず
メラニン色素がそのまま定着し、さらに奥の
方へと広がっていくのです。

これが黒ずみやシミ・ニキビ跡の色素沈着。
肌表面だけのケアでは治らず、肌の奥の修復
をしない限り治る事はありません。

背中の黒ずみ・シミ・ニキビ跡の色素沈着を治すには

dfdsd5黒ずみやシミ、ニキビ跡は名前こそ違います
が、角質層内にメラニンが定着し、色素沈着
してる状態ですから治し方は共通してます。

肌奥に潤いを保ち、ターンオーバーを促進さ
せ、美白成分を角質層の奥まで浸透させる事

これができれば背中の黒ずみやシミ、
ニキビ跡は短期間で消えて行きます。
重要なのは肌奥の角質層の修復です。

浸透力・潤い保持・美白効果・抗炎症作用
のような成分を使う事が大切です。
ターンオーバーが促進されますから。

⇒超浸透型美白保湿|実際に使った感想をまとめました

背中が乾燥してる人は注意|黒ずみ・色素沈着は治らない

dfdsd8黒ずみの最大の原因は乾燥です。肌内部まで
バサバサに乾燥してる肌は刺激を受けやすく
かゆみがあり、ボリボリかく人が多いです。

また、下着やブラのヒモも刺激になります。
乾燥して刺激を受けやすい背中はメラニンが
発生し続けます。だからそのままではダメ。

乾燥を防ぐ事を徹底しないと、どんなに美白
成分を浸透させても治る事はありません。

重要なのは、肌内部まで潤いを保つ事。
肌表面だけの保湿ではメラニンは消えません

⇒超浸透型美白保湿|実際に使った感想をまとめました

背中の黒ずみ・シミ・ニキビ跡は角質層の奥の修復を

dfsidf1黒ずみやシミ・ニキビ跡のような色素沈着を
治すには、角質層の奥の修復が必要不可欠。

だからお風呂ケアを徹底しても治りません。
肌表面をどんなにケアしても薬を塗っても、
角質層の奥を修復しないと治らないのです。

また、保湿する事が大事だからと、お風呂
上がりにクリームを塗ってるけど治らないと
いう人も多いと思います。

考えは間違ってないですが、問題はその保湿
クリームに浸透力があるかどうか?
奥まで浸透しないと意味が無いのです。

⇒超浸透型美白保湿|実際に使った感想をまとめました

超浸透型保湿の美白成分が背中の黒ずみを早く治す

dffsger1黒ずみやシミ・ニキビ跡を確実に治したいの
なら、浸透力のある薬用成分が効果的。

重要なのは、肌の奥まで浸透して、潤いを
保ち、美白効果でメラニンを抑える事。
このような成分で保湿を徹底するのです。

美白効果で染みついた色素を浮き上がらせ、
ターンオーバーにより体外に排出されます

また、メラニンの生成を抑えるから、その後
も綺麗な肌が続き、美しい背中を作ります

⇒実際に使った感想をまとめました

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ