20代・30代の背中ニキビ|原因はホルモンバランスと内部乾燥

20代・30代の人の背中ニキビの原因は
ホルモンバランスの崩れと肌内部の乾燥です

senh110代の思春期の背中ニキビと違い、
20代・30代の背中ニキビの原因は、
ホルモンバランスの崩れと角質層の乾燥。

仕事や家事によるストレスや過労、睡眠不足
によりホルモンバランスが崩れやすく、
皮脂分泌のバランスが狂いやすいんです

またホルモンバランスが崩れると、肌の潤い
が無くなり、乾燥し荒れやすくなります。

という事は20代・30代の人の場合は
角質層の奥から潤いを持たせる事が大切。

ホルモンバランスが崩れるとなぜニキビができるのか?

senh3女性の場合ですと、月経・生理前や妊娠中な
ど、ホルモンが崩れる事でニキビが出来ます

これは、女性ホルモン、男性ホルモンのバラ
ンスが崩れた事により、肌のバリア機能が低
下する事が原因です。

皮脂分泌量が過剰になる事もありますが、
問題は肌の内部から外部にかけて潤いがなく
なり、バリア機能が低下する事。

⇒角質層の奥から潤いを持たせるには薬用クリームで改善できる

バリア機能の低下と潤い低下で毛穴は固くなる

senh4肌のバリア機能を作るのは、
『角質層内の潤い』です。

肌奥の潤いが無い状態だと、当然のごとく、
肌表面は乾燥して毛穴も固くなります。

この状態でホルモンバランスの崩れにより、
皮脂が過剰に分泌されると、一気に皮脂は
毛穴に詰まってしまいます。

だから背中ニキビを治すには保湿なんです

角質層の奥から潤いを保持できる薬用成分の
保湿クリームなら短期間で肌を毛穴を柔らか
くして、皮脂を正常に排出できます。

⇒使用後2週間で効果が出た薬用保湿クリーム

重要なのは浸透力のある薬用保湿成分

senh520代・30代の背中ニキビを治すには
保湿を徹底して、角質層内部から潤いを保つ
事で短期間で治す事が可能になります。

この場合、重要なのは角質層まで浸透する
薬用成分配合の保湿クリームを使う事

大人の背中ニキビは内部乾燥により、
角質層内はバサバサ状態。ニキビの炎症が
奥まで広がって赤みが消えにくいのです。

ですから、肌表面だけを保湿しても無意味。
背中ニキビをキレイに治すのは困難です

短期間でキレイに治す為には、必ず、
角質層の奥まで浸透する薬用保湿を使う事。

これにより、早く治すだけでなく、
背中ニキビの再発・繰り返しを防ぎます。

⇒実際に使用しました 背中のニキビ跡も治す薬用保湿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ