背中ニキビを治すボディークリーム3つ|保湿・美白がスゴイ

背中ニキビを治すボディクリーム

456dsa背中ニキビを治すためには保湿が重要。
という事で、背中ニキビを治すためのボディークリームを探してる人も多いと思います。

一般的にボディクリームというと、良い香りがして保湿効果が高く、肌をしっとりモチモチにしてくれる物。というイメージがありますが、背中や体のニキビを治す場合は、浸透力が高く、薬用効果のある物が必要です。

単に体をスベスベにする為のクリームと、体のニキビを治すためのボディークリームでは成分自体が違いますので注意が必要。

そこで今回は、背中や体のニキビを治すためのボディークリームを3つご紹介します。

背中ニキビを治すボディークリーム3選

価格・効果・使いやさでランキング!

    • ルフィーナ

      451dsa

      全国の皮膚科医が絶賛!
      多数のモデル・芸能人も愛用者続出!!

      赤く炎症した背中ニキビはもちろん、ニキビ跡やシミ・黒ずみといった色素沈着まで治してくれる薬用美白保湿クリーム。背中だけでなく、デコルテや二の腕のニキビも短期間で治せるボディクリームです。成分は美白美肌効果の高いプラセンタエキスとニキビの炎症を抑えるグリチル酸ジカリウムが主成分。

      実際に使い、ずっと消えなかったニキビ跡やシミまで完璧に治す事ができました。



    • ジュエルレイン

      452dsa

      ちょっと高いけど効果はバツグン。

      長年、背中ニキビ専用のクリームとして人気なのがこのジュエルレイン。成分はルフィーナと似ていて、プラセンタエキスやグリチル酸を配合。美白効果も高く、ニキビ跡やシミにも効果的です。

      値段がちょと高めで保証期間が60日。
      定期購入が条件でハードルが高いのが難点

    • サラスベ

      453dsa

      保湿と殺菌にこだわった美背中ゲル

      背中ニキビのブツブツを治すための植物由来成分配合の無添加ゲルタイプ。植物成分のティーツリーやユーカリをはじめ、ニキビ菌を殺菌するサリチル酸も配合。赤いブツブツした炎症ニキビも治せます。値段がお手頃で、最近雑誌や口コミで話題の商品です。

      ただし、美白効果が弱いのでニキビ跡やシミを治すのは難しいでしょう。

無添加・薬用効果のボディークリームを!

2akiinhds「何でもいいから保湿」は超危険!

背中ニキビを自宅ケアで治す場合、
多くの人が勘違いしてるのが「とりあえず何か塗って保湿する」というケアをしてる事。

オシャレさ重視で、香料たっぷりのボディクリームを塗ってるような人も危険ですね。

乾燥を防ぐ事は非常に重要なのですが、油分や香料、化学成分が多く含まれた保湿クリームを塗ると、毛穴が詰まるリスクが非常に高く、ニキビの炎症はさらに悪化するのです。

つまり、ニキビにはニキビを治すための
薬用効果のあるクリームが必要。

ニキビは肌・毛穴の病気です。
無添加の薬用クリームをお風呂上りなどに塗る事で、毛穴・肌内部に浸透して、ニキビ・跡・シミをグングン消してくれます。


⇒実際に私の背中ニキビに塗ってる写真です

3senakdi1背中ニキビを治すために必要な効果

  • 保湿効果が高く、肌奥まで浸透
  • 無添加で毛穴に詰まらない成分
  • 炎症やアクネ菌を殺菌する成分
  • 美白成分配合でメラニンを抑える
  • 無添加で刺激の無い薬用効果

香り重視・値段重視・オシャレ重視のボディクリームでは、どうしても化学成分が配合されており、毛穴に詰まってしまいます。

背中ニキビを治すためのクリームは、必ず肌に優しい無添加の薬用クリームを塗ってください。香りは無臭ですが、ニキビやニキビ跡を治す効果はバツグンで、早く結果が出ます


⇒実際に使い前後の写真|ビフォーアフター

「浸透力が高い」事が重要なポイント

6akiinhds表面だけでなく、奥まで浸透する事

背中は他の場所と違い、角質が厚くてゴワゴワになりやすく、乾燥や毛穴詰まりといった症状が起きやすい特徴があります。

なので、まずはゴワゴワに硬い角質を柔軟にして、肌の内側を整える必要があるのです。

肌を柔軟にすると、毛穴詰まりが改善され、アクネ菌や炎症によるメラニンが体外に排出されるので、ドンドン肌が綺麗になります。

とくに長年残ったままの背中ニキビがお悩みの人こそ、「肌の奥から治す」事が大切。


⇒塗るたびに消える感じ♪使ってる写真です

まとめ

10akiinhdsボディクリームは薬用の物を塗る事。
背中だけでなく、二の腕やデコルテなどの全身のニキビ・ブツブツを一気に治します。

何度も言いますが、背中ニキビは肌と毛穴の病気のような症状です。発生する原因は様々ありますが、治すためには肌の内側から炎症やアクネ菌を抑える事が重要になります。

「浸透力」「無添加」「薬用効果」
この3つがニキビを治すために必要。

こんな薬用クリームを塗ってあげることで、
治りにくい背中ニキビやニキビ跡・シミでも
2~3カ月くらいで治す事ができます。

汚かった背中のニキビ跡やシミがグングン消えていき、肌にハリとツヤが出るので、体の皮膚がツルツルになるのが感動的です。


⇒実際に使った感想と写真|3ヵ月後の背中























背中ニキビを治すボディクリーム・ボディローションの概要
身体(背中・胸・デコルテ・二の腕・肩・お尻)のニキビやニキビ跡・シミ・黒ズミを治すには保湿してあげる事が重要なのですが、多くの人は、この時に使用する保湿クリームを適当に選んでいるから、背中ニキビが一向に治らないのです。女性も男性(メンズ)も背中ニキビができる原因は、肌・毛穴が乾燥して硬くなり、皮脂や雑菌が詰まる事でニキビが発生するのです。この基本的な原因を無視して、ボディクリームはオシャレで芸能人やモデルが使ってるような良い香りがする物がいいという感じで選んでる人は、まず治す事ができないでしょう。ボディークリームで保湿していても背中や体のニキビまで治りません。香り重視のボディークリームはニキビに効果無し。背中や体にニキビが出来ている状態で香り重視のボディークリームを塗っていたらニキビが悪化して今よりもっと酷い状態になる可能性が高いんです。最悪の場合、ニキビが潰れてデコボコ肌やシミとなり、肌をもっと汚く醜いものにしてしまうかもしれません。ニキビ跡になる可能性が高いんですね。保湿は肌にとってすごく大事なことですが、香り重視のボディークリームの香料が背中や二の腕、デコルテのニキビをさらに悪化させている可能性があります。市販されているボディークリームの大半は良い香りがして、色がついていて塗った時に、その香りが肌に残ります。その香料や着色料は肌に刺激を与えます。刺激があるものを使っていてもニキビは治らず、ますます増えて悪化します合成着色料や化学香料は肌に刺激を与えるだけ!セレブや芸能人が使っている市販で人気のボディークリームは、当然の事ながら、香料や防腐剤・着色料が入ってます。着色料や香料はニキビができている肌には余計な刺激を与えてしまいます…。また、添加物も肌にはよくありません。腐らないための防腐効果や酸化の防止、商品を低コストで生産する為の界面活性剤、正直、ニキビケアには不必要な物ばかりですニキビの原因は肌の表面だけではなく肌の奥、内部でトラブルが起こっている事。当ブログでも何度も解説してますが、背中や体のニキビを治すには絶対的に保湿に徹底する事が必要です。(もちろん、生活習慣の改善も必要です)ボディークリームを使い、保湿してていると思っていても、見えない皮膚の内側では余計な成分の影響で状態が悪化します。香料や添加物のような刺激はニキビを作るだけ、悪化させるだけなのですニキビを治すのであれば、刺激を与えるボディークリームは使わず、内側までしっかり浸透してくれる無添加の保湿クリームを使いましょう。刺激や乾燥を与えず、奥から炎症を抑える事。ニキビ、特に背中や体のニキビを短期間で早く治すには、奥まで浸透して、炎症を抑える事肌にはターンオーバーという働きがあります。これは、肌の古い角質が剥がれていき奥から新しい皮膚細胞が生まれてくる事。この働きは皮膚が健康でないと働かず不健康な皮膚だと、古く汚い角質は残り続けて硬くなってしまいます。硬くなったガサガサの肌は毛穴が硬くなり、皮脂が上手く分泌されず詰まります。詰まった皮脂は炎症を起こして、赤いブツブツのニキビになるんですね。乾燥のガサガサにより、毛穴が詰まると過剰な皮脂が正常に分泌されず、アクネ菌が溜まり、炎症を起こして白ニキビから黒・赤ニキビへと発展します。だから潤いのある、柔らかい肌を作る事が背中や体のニキビ対策では重要なんです。潤いのある肌を作ると、ターンオーバーが正常に働き、背中ニキビが治って行きます。背中ニキビは皮膚科やエステなどに行かなくても、ターンオーバーの働きを正常で健康な状態にするだけで、短期間で治っていきます。そのためには、無添加で炎症を抑え、肌奥から潤いを保つ事のできる薬用保湿を徹底する事が必要なんです。その点、ボディークリームの成分は良い香りはするし、色も白く見えるけれど、肌に悪影響を及ぼしてしまう傾向があります。まずニキビが治る事はありません。もちろん、背中や体のニキビが無く、綺麗な肌の人がボディークリームを使う事は良い事だと思います。ただ、ニキビを治す事を目的とした場合、香りや人気重視のボディークリームを使ってもニキビが治る事はないでしょう。背中・体のニキビを治す為の薬用保湿クリームを使うべし!!背中ニキビを治すには薬用保湿!角質層の奥まで浸透して、奥から炎症を抑え潤いを持続させる事でターンオーバーを修復するから早く消えます。背中ニキビを治す為には保湿が重要ですが、配合されてる薬用成分が重要なんです。無添加で、奥の炎症を抑える成分と、皮脂の過剰分泌を抑えて、潤いを持続させる成分を主成分としてる薬用保湿クリーム。背中ニキビや長年消えなかったニキビ跡を短期間で治す事が出来ます。赤いブツブツだけなら約1ケ月ぐらいで徐々に消えていきます。(若干の個人差はあると思いますが…)シミのような、長年のニキビ跡には2ヶ月~4ヶ月くらいで、かなり綺麗な肌に生まれ変わります。

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ