背中ニキビの奥にしこり|硬い感触は最終段階の悪化の前兆

背中ニキビにしこりがある…
これって大丈夫なんですか?

asd2

asd4ニキビ部分のしこりは
悪化の最終段階、クレーターニキビの
前兆で、非常に危険な状態といえます。

しこり感のあるニキビは、通常なら
頬や首筋に出来る事が多いのですが、
背中ニキビも悪化するとしこりができます

ニキビにしこり感が出始めたら
早めの対策をしないと、そのまま残り、
硬いニキビ跡になる可能性があります

ニキビのしこりって何?なぜボコッとなるの?

ニキビのしこりはニキビ跡の一種です。

asd6しこりニキビはクレーターニキビ跡と
同じレベルの悪化した状態ですが、
原因は修復のしすぎなのです。

しこりのボコッとした感触は
コラーゲン等の栄養分を一か所に
集めすぎて出来てしまってるんです。

正常な肌の状態なら、修復時に均等に
コラーゲンや栄養分を送り込む訳ですが
角質層が整ってないと一か所に集中させます

これが皮膚が盛り上がってる原因です。

⇒背中のニキビ跡を3ヶ月で治しました コチラ

 

しこり感は角質層までニキビ菌が到達してる証拠

asd7肌は層がいくつも重なって構成されてますが
しこり感のあるニキビ部分の場合、
肌の奥の角質層にまで菌が到達してます。

健康でキレイな肌の場合は
表面の皮脂膜が菌を防いでくれていますが
肌が弱くなってる場合は皮脂膜が薄いのです。

皮脂膜が薄くなってる状態は
菌が進入しやすく、すぐに角質層を
破壊してしまいます。

asd8角質層が破壊されると、隙間ができて
修復時にかたよりができ、
シコリのように盛り上がってしまいます。

また、乾燥などで肌や毛穴・角質層が
厚く硬くなってる場合も
修復時にコラーゲンが一か所に集まります。

ニキビのしこりは肌の状態や
修復機能のトラブルが原因です。
治す為には、肌自体を柔らかく健康にする事

⇒91%の人が背中ニキビを治した 薬用保湿

 

しこりニキビを治すには角質層の修復がカギ

asd10しこりニキビは肌内部の水分不足が
大きくかかわってます。
角質層が水分不足だと硬くなります。

要はうるおいが足らないんですね。
保湿効果が肌にないから、修復にも
バラつきが出来て、しこりができます。

背中のシミやニキビ跡同様、しこりも
肌のターンオーバーを正常化させ、
角質層を正常にするとスグに治ります。

⇒肌奥から修復する 背中ニキビ専用薬用保湿

 

角質層から炎症をおさえ、ターンオーバーを整える事

asd11顔のしこりニキビの場合はケアしやすく
範囲も狭いですし、素早く出来るので
高濃度のビタミンC誘導体が効果的です。

ですが価格が高い為、面積が広い背中に
使うのは非常に効率が悪く、不経済です。
背中のしこりニキビを治す場合は

角質層の内部炎症を抑えながら、
ターンオーバーを活性化させる事が
経済的にも時間的にも効果的です

⇒91%の人が治した 背中ニキビ専用薬用保湿

 

お化粧をしない背中は薬用成分で保湿するだけで治る

asd14背中はお化粧をしませんから、
正しいケアをすればニキビが治る速度は
非常に早いのが特徴です。

シミのようなニキビ跡もしこりニキビも
内部炎症を抑える保湿をする事で
内部と外部のW効果で治っていきます。

保湿効果はニキビケアには必須。
どんな商品でも含まれる効果ですが、
使用するクリームによって効果は違います。

⇒91%の人が背中ニキビを治した薬用保湿

 

背中のしこりニキビを治すには薬用成分が大事

asd28しこりは角質層の乱れが原因です。
まずは角質層を整える事が大切なんですね。
その為には保湿が効果的なのですが

背中ニキビができている場合は
ニキビも同時に治せる物を使用する事。
乾燥を防ぐだけの物では治まりません。

背中ニキビに効果的なのは専用の保湿。
ニキビ跡も消せる保湿があります。

実際に私も背中のニキビ跡を
3ヶ月で完治させました。
しこり部分もバッチリです。

⇒91%の人が治った背中ニキビ用保湿を使ってみました

 

 

 

 

 

 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ