背中の汚いザラザラを修復|赤みやニキビ跡を治す5つの作用

背中のザラザラは、角栓(かくせん)という症状。

この角栓、今回説明する5つの作用を把握しておく事で、赤ニキビやニキビ跡も治すことが可能です。
背中が全体的に汚いと感じてる人や、赤ニキビ・ニキビ跡に悩んでる人は参考にしてください。

角栓とは…
毛穴の中にある皮脂腺から出た脂と、古い角質細胞が混ざり合い、毛穴全体に詰まって酸化し硬くなった状態のこと。毛穴から硬くなった先端が飛び出してるので、『ザラザラ』とした感触があります。ニキビの原因、もしくは初期段階の症状ともいえます。


この角栓、毛穴が詰まっている状態。
次第にアクネ菌が繁殖、炎症による赤み・腫れが広がり、最後にニキビ跡になります。

角栓・赤み・ニキビ跡を治す5つのポイント

  • 肌と毛穴の殺菌・アクネ菌除去
  • ニキビの炎症・酸化をおさえる
  • 硬くなった角質・毛穴を柔らかくする
  • 肌内部から乾燥を防ぐ
  • ターンオーバーを活性させる

これらの5つの作用が必要です

背中のザラザラには「段階」がある


背中のザラザラといってもいくつかの段階があり、治す方法や治る速度が違います

ザラザラだけが気になる人もいれば、赤く炎症したニキビが目立ってる人、シミのようなニキビ跡が消えないという人など、その症状はバラバラ。

段階(症状)によって治し方・治る速度が全然違ってきますので、まずは「自分の状態を把握」する事が重要なポイントとなります。

ちなみに、今回ご説明する方法は、
背中だけでなく二の腕・お尻・デコルテも同時に綺麗になる方法なので、ぜひ実践してみてください。

では段階に応じた治し方を解説していきます。

「ザラザラだけ」の状態

この段階は背中ニキビの初期段階
生活習慣・入浴方法を正しくする事がポイント。

角栓は毛穴の皮脂詰まりが原因なので、毛穴・角質を柔らかくし、しっかり排除する事が必要。

『ザラザラだけ』の状態なら、毛穴詰まりを防止するだけでも早く改善する可能性大。この状態は炎症が起こってないので、体調を管理し、毛穴を清潔に保つだけでも大きく改善するでしょう。

食事は食べ過ぎず、糖分・脂質をなるべく抑え、よく噛むこと。よく寝ること。お風呂はゴシゴシ洗いはせず、正しい洗い方で入浴する事。

ザラザラの角栓だけの状態であれば、生活習慣・入浴方法を正しくするだけで、かなりの効果があります。

ザラザラ・赤ニキビが目立つ人

この症状は、ニキビが悪化して進行してる状態。
毛穴の奥まで皮脂や角栓が詰まり、アクネ菌が増殖して炎症がグングン広がってます。

いわゆる、「赤ニキビ」の段階。

この段階のザラザラやニキビを治すには、生活習慣やお風呂での洗い方を変える事は絶対必要ですが、
同様に、薬用のニキビ用石鹸で洗う事も重要。

赤く炎症したニキビを治すには、毛穴の中に詰まったアクネ菌や古い角質をキレイに除去し、炎症を治す薬用成分(グリチルリチン酸など)でしっかり洗浄しないと、アクネ菌はグングン増殖してしまいます。
※顔のニキビを治す時も同じです。

ニキビを治せる薬用の泡で優しく洗い、乾燥を防ぎながら、毛穴の奥までしっかり洗浄してあげる事。

このようにお風呂でしっかり洗ってあげると、赤く目立ったニキビも短期間で治っていくことでしょう。


⇒正しい体の洗い方|私の入浴写真で解説します



ザラザラ・赤み・ニキビ跡が残ってる状態

この段階は『色素沈着』してる状態
ニキビの炎症がしばらく続くと、メラニンが肌内部に生成され、角質層の奥に色素沈着して定着します。
こうなると洗うだけでは治せません。

この背中のニキビ跡を綺麗に治するためには、
角質層の奥から修復させる事が必要。

もちろんお風呂の入り方を変える事で、角栓のザラザラや赤いニキビを治す事はできますが、茶色く残った色素沈着したニキビ跡は消えません。

しつこいニキビ跡を治すには、

  • 正しく洗い、毛穴を殺菌する
  • 薬用成分で炎症・酸化を抑える
  • 美白成分で「メラニン」を排除
  • 潤い成分で「乾燥」を防ぐ
  • 美肌成分でターンオーバーを促進

この5つの作用でケアしてあげる事が必要。

ニキビ跡は自然には治りませんので
必ず、薬用ケアを心がけて下さい。

ニキビ跡やシミといった症状を自宅ケアで治すには
薬用の背中ニキビ用クリームが凄く効きます。



⇒3ヶ月後の写真がコチラ|実際の私の背中



あなたはどのタイプのザラザラですか?

ザラザラや背中ニキビを治すには、今の症状にあった治し方があります。

ただし、どの治し方も「5つの作用」を心がける事が必要不可欠。

ザラザラだけだったり、赤ニキビくらいまでなら、お風呂での正しい入浴ケアだけでも大丈夫ですが、ニキビ跡やシミが残ってる場合は、肌内部からの薬用ケアが必要になります。

とくに、短期間で完璧に治したいという人は、薬用クリームがかなり効果的。全然違います。

背中も顔のニキビと同じで、放置してしまうとザラザラは悪化してニキビ跡やシミになります。注意して下さい。


⇒シミも消える薬用効果|3ヶ月後の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中が汚いと嫌悪感が生まれます背中や二の腕、デコルテ部分はなんとなく見られてる部分です。実際、友人や恋人の背中や腕、胸元は見てしまいます。顔のブツブツは『ニキビなんだな..』という認識がありますが、体の皮膚となると、『不潔』とか『何かの病気?』って思われる可能性が高いようです。夏場はタンクトップや水着、結婚式の時はウエディングドレス、恋人とのHの時。背中や二の腕って結構、露出します。人間は本能的に、ブツブツを見ると嫌悪感を抱き、ゾッと寒気が走る生き物。言い方は悪いですが、本当に気持ち悪い。背中の赤みのあるニキビ跡や、ザラザラ、シミのような色素沈着は、正しい対処をする事で自宅で短期間に治せます。ニキビ跡はお風呂の入り方を変えたり、食事内容を変えても、100%治りません。角質層の奥の炎症を落とす事が重要です。背中のザラザラは角栓、赤みは色素沈着です背中にザラザラ感がある状態は毛穴に角栓が詰まってる状態です。角栓とは皮脂やタンパク質の塊ですね。背中や二の腕が乾燥して毛穴が詰まるから角栓が発生してしまいます。角栓は時間と共に硬くなり、突起物のようになります。ザラザラの状態、角栓を無くすには、まずは乾燥を防いで、角質層内に水分を保ち、肌を柔軟にする事で治っていきます赤みや黒っぽいシミのような部分は、ニキビ跡の炎症による色素沈着が原因。角質層の奥に色素が定着してるんです。これは、ニキビの炎症が紫外線などの影響により、真皮層が変色してる状態。俗に言う、色素沈着したニキビ跡ですね。この状態はお風呂の入り方の改善や食生活の改善程度では100%治りません。治すには炎症を抑え、薬用保湿をする事。なぜ保湿が重要なのか?保湿にはターンオーバーを正常化する働きがあります。ターンオーバーが正常に機能すると、古い角質を落とし、新しい角質を生成させるのです。分かりやすく言えば、脱皮する感じです。という事は、色素沈着した赤みや黒ずみも古い角質と一緒に落ちていくんですね。だから、乾燥してる状態が一番ダメ。乾燥はターンオーバーを遅らせるのです。老人のカサカサ肌にシミが多いのはこの為。ニキビ跡やザラザラを落とすには5つの作用がある保湿を一概に保湿と言っても様々な物があります。●単に肌表面の乾燥を防ぐ物。●肌をスベスベにする事が目的の物背中の汚いニキビ跡や色素を治すには、炎症を抑える作用角質層の奥まで浸透する作用肌の奥の保湿をできる作用美白効果で白くする作用ホルモンバランスを整える作用のある薬用成分でなければ治せません。保湿クリームには色々ありますが、このような作用がある薬用保湿はそう多くはありません。背中のニキビ跡は時間と共にシミのように広がっていきますどんな事をしても背中がキレイにならないという人はかなり多いのですが、ほとんどの人が、そのまま諦めてしまってます。本当は簡単に治るのに、どうしてイイか分からないから放置してしまうんですね。これが更に汚くなる原因です。角質層に沈着した赤みやシミは、自然に治る事はありませんから、どんどん広がり、数が増えていきます。本当は角質層を修復するだけで治るのに…背中のニキビ跡を修復するには角質層の中から炎症を抑える事ニキビ跡の赤みは角質層の奥の炎症が原因。角質層の奥は自己修復できませんから、外部から炎症を抑えてあげる処置が必要ですこの場合、浸透力のある物を使う事。ほとんどのニキビケア商品は角質層の奥の真皮層まで届いていません。ですから、皮膚科の薬でも治らない人がこんなにも多いんですね。逆に言えば浸透力の高い薬用保湿なら、短期間で背中のニキビ跡を治せます。角質層の奥まで浸透して治す薬用保湿角質層から炎症を抑え、プルプルの状態に水分を保ち、赤みがどんどん消えました。まず、背中のザラザラの角栓が一気に消え、しっとり、滑らかになってきます。その後、シミのような跡が消えていきます。実際に私は3ヶ月目で背中一面に広がったニキビ跡を完治させる事ができました。二の腕やデコルテは1ヶ月チョイです。

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ