首周り・うなじのニキビ跡を治す|2週間で実感!3ヶ月で完治!

首周りや首の後ろ、うなじのニキビ跡を早くキレイに治すには?

首後ろのニキビ跡を早く治すには

首の後ろ・うなじのニキビ跡は治りにくい

ujnai5首の後ろは顔ニキビと違い、髪の毛の刺激や
洋服の襟(エリ)が当たり、炎症が悪化しや
すく、肌内部まで痛んでる可能性が高いです

また、皮膚が薄く角質層の奥の真皮層まで
ダメージが及ぶ場合がほとんど。

真皮層は自己修復能力が無いので
自然に治る事がありません。

いつか治るだろうと放置してると、真皮層の
ダメージはそのまま進行し、時間の経過と共
に悪化が進み、アトピー肌のようになります

⇒より詳しく治し方をまとめました

首の後ろ・うなじのニキビ跡の治し方

hddj1

⇒実際に治るまでの過程をまとめました


sssa4首の後ろ・うなじのニキビ跡を治すには、
角質層の奥、真皮層を修復する事が重要。
実際に私もうなじのニキビ跡を治しました。

皮膚科でも病院でも同じですが、真皮層を
修復する為には、薬用成分を浸透させて、
ターンオーバーを整えるしかありません。

実際に私は、専用の薬用クリームを使用し、
塗り始めて2週間くらいで赤みが消えていき
1ヶ月くらいで徐々に目立たなくなって、
2ヶ月目にはかなり治ってる感じでした。

3ヶ月目にはほとんど消えてる状態。

⇒実際の写真|こんな感じで消えていきます


首周辺・うなじのニキビ跡がシミのようになってる場合

sssa15シミのようなニキビ跡になってる場合、
真皮層内に色素沈着してる事が原因です

ニキビの炎症が悪化したり、紫外線を浴びる
事で毛細血管から微量に出血した血液の色素
が変色し、色素沈着となって定着します。

また、紫外線によるメラニン色素の発生が、
ニキビの炎症と合わさると、短期間で、
シミのようなニキビ跡に発展します。

このような色素沈着のニキビ跡に発展してる
場合は、肌内部の炎症を抑え、美白成分を
浸透させる事が一番簡単に治す方法です。

⇒より詳しい写真付き|治した過程がコチラ

首の後ろ・うなじのニキビ・ニキビ跡はなぜ出来るのか?

nayai113メラニンが肌内部に蓄積されてるから

ニキビ跡やシミのように色素沈着するのは、
乾燥やニキビの炎症によるダメージのせいで、メラニンが大量に発生してる事が原因。

とくに首の後ろの部分は乾燥しやすく、シャンプーやリンス・服や髪の雑菌が毛穴に詰まりやすく、吹き出物が出来やすい場所です。

乾燥してる肌はターンオーバーが崩れてる状態で、炎症や刺激により皮膚内部にメラニンがドンドン生成されて蓄積されるのです。

この蓄積されたメラニンの黒や茶色の色素が
徐々に濃くなりニキビ跡やシミになるのです

⇒そんなニキビ跡を消した経過写真がコチラ

hhjhgnhj3また、首周辺は髪の毛や服の襟(エリ)が
こすれて常に刺激がある部分です。

乾燥してターンオーバーが遅れてる状態の
ニキビに刺激を与えると更に炎症は進行し、
赤みは色素沈着となりニキビ跡に発展します

つまり、乾燥による肌の硬化と毛穴詰まり、
ターンオーバーの遅れが、首周辺のニキビや
ニキビ跡の原因なんです。

ですから、首の後ろのニキビ跡を治すには
ニキビの炎症を抑え、肌の奥まで潤いを保ち
美白効果で色素を排出させる事が必要です

⇒より詳しい写真付き|治した過程がコチラ

自宅ケアで首の後ろ・うなじのニキビ跡を治すには?

hhjhgnh4真皮層は自然には治らないからこそ

ニキビ跡の原因である、肌奥の真皮層は
自己修復能力が無いため、自然に治りません

真皮層を修復するには、肌の奥まで浸透する
薬用成分を使い、真皮層の炎症を抑え、肌奥
から水分を保つ薬用保湿成分が必要です。

ここで重要なのは成分の浸透力。

通常のニキビ薬は、肌表面の炎症を抑える事
はできますが、肌奥の真皮層まで浸透する物
はほとんどありません。

だからこそ、浸透力の高い薬用保湿成分
使い、肌の内部からプルプルの肌質に変え、
真皮層を修復させる成分が必要なのです。

⇒実際に使って経過をまとめました

首の後ろ・うなじのニキビ跡は肌の奥の修復が重要

hhjhgnh5どの部分のニキビ跡も同じ事が言えますが、
ニキビ跡を治す場合には、肌の奥から治す事
が一番の重要なポイントになります。

ニキビ用の石鹸やクリームを使ってるのに、
一向にニキビ跡が治らないという人は、
その成分がニキビ跡に適してないからです。

ニキビとニキビ跡は名前こそ似てますが、
治し方や治るまでの過程は全く違います。

ニキビは肌表面と毛穴に原因があるのに対し
ニキビ跡の場合は肌の奥・内側が原因。

ニキビ跡を治す場合には、肌の奥まで浸透し
て、炎症を抑え、角質層の奥まで保湿でき、
美白効果で色素を排出させる成分が必要。

⇒実際に使い、ここまで綺麗に治りました。

実際に薬用クリームでニキビ跡を治しました

dfddd1真皮層まで浸透する薬用クリーム

肌奥まで浸透し、中からニキビの炎症を抑え
ターンオーバーを促進させる保湿効果が高い
超浸透型の薬用クリームを使いました。

うなじのシミのようなニキビ跡や、生え際に
ゾックリできていた赤茶色のニキビ跡に使用

塗り始めて2週間くらいで赤みが消えていき
日に日に薄くなっていくのが分かります。
2ヶ月~3ヶ月くらいでほとんど消えますよ。


⇒2ヶ月半くらいでこの状態まで治りました


aaai
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首周りや首の後ろ、うなじのニキビ跡って何気に目立つから厄介です。隠そうとすると、着れる服も限られるし首周りを見せたくないために髪の毛もアップできなかったり大変です。病院に行って診察を受けるのも怖いです。治る保証は無いし、状態によっては高い金額を払わなければいけません。病院に行って高い金額を請求されても断れませんからね(汗)ニキビ跡を皮膚科やエステで治すとなると、かなり高額で、再発する場合がほとんど。おそらくですが、完治するまで通院できる人が少ないのです。首の周りや背中のニキビ跡を治すには肌の奥の角質層を修復すればキレイに消えて無くなります。首周りや首の後ろにニキビ跡が出来る原因はホルモンバランスの乱れと紫外線や刺激による乾燥です。ネックレスを付けてる人がニキビが出来やすいのもこの為。首周辺のニキビ・ニキビ跡が厄介なのは洗浄しにくい場所である事。顔のニキビは洗面台で洗う事が出来ますが首周辺、とくに首の後ろの部分は無理です。よく、ネットの情報では、「首周辺のニキビには洗顔料を変える事」なんて言われてますが、実際、キレイに洗浄できないのです。また、体のニキビ全般に言える事ですが、乾燥する事でニキビが一気に悪化してます。ニキビはオイリー肌しか出来ないと思ってる人は注意してください。乾燥により毛穴が詰まり、皮脂が溜まる事でニキビの発生、悪化につながります。この記事を読んでる人なら分かると思いますが、顔より、体のニキビが治りにくいのです。首周辺から背中などのニキビ跡は市販の薬では治すのはかなり時間と費用がかかります。ニキビの初期段階ならば、肌の表面に出来てるだけですが、ニキビ跡は肌の奥の角質層にまで達してます。市販の薬は表面の炎症しか治せません。よって奥の炎症を抑える事ができませんし、ニキビ跡の色素沈着を薄くするのは非常に難しいのです。ニキビ跡は肌の角質層の奥の真皮が痛んでる状態。角質層の奥は自己修復能力がありませんから外部から薬用成分を肌に浸透させるしかありません。首のニキビ跡を短期間でキレイに確実に治すには薬用成分が入った保湿をする事が効果的。毎日塗るだけで済むので、簡単です。薬用保湿とはその名の通り、ニキビを治す薬用成分が入っている保湿。とくにニキビ跡は角質層の奥から修復しなければならないので薬用成分を直接肌に浸透させる事で短期間に安全に治す事ができます。ニキビ跡がひどい人は、この薬用保湿を1日2回塗るだけで見違えるほどキレイな肌に生まれ変わります。水溶性プラセンタグリチル酸2kコラーゲンこの3つの成分がニキビ跡を劇的に治します。水溶性プラセンタプラセンタはホルモンバランスを整える働きがあり、肌のターンオーバーを活性化させ、ハリを与える効果があります。グリチル酸2kニキビ跡の炎症を抑える成分。皮膚科のニキビ治療薬にも少し入っていてニキビ跡を治すにはコレ無しでは不可能です。コラーゲンプルプルの潤いを与えてくれる成分。短期間でキレイな肌を作る場合には欠かせません。この3大成分がニキビを短期間で治します。無添加の薬用保湿クリームですので、スーッと肌に浸透し、スベスベになっていくのが体感できます。「えっ!? 保湿するだけ?」なんて驚く人もいらっしゃるでしょう。実際に私も最初は半信半疑でした。汗ですが、使ってみて1ヶ月後にはかなりニキビ跡が薄くなっていました。私の場合は3ヶ月目は、ほぼ消えてました。返金保証も付いてましたからお金を損する事もなかったので安心できたんです。ニキビ跡を治すには皮膚科治療か自宅ケアかのどちらかになるのですが、皮膚科治療で治す場合はそれなりの費用が必要です。ニキビ跡を皮膚科治療で治す場合は、レーザー治療かピーリング治療になります。内服薬の薬ではニキビ跡は治りませんし、一般的に処方される塗り薬でも治りません。ニキビ跡を治すには真皮層の修復が必要です内服薬や一般的な外用薬は肌表面の炎症を抑える効果しかありませんから、肌の深層部の真皮層まで成分は届かないのです。また、お風呂で体をこする時も注意が必要。首の後ろを洗う時、ナイロンタオルを使い、ゴシゴシと洗ってませんか?この洗い方はニキビに刺激を与えるだけ。体の汚れは素手洗いでもキレイに落ちるので本来はナイロンタオルは必要無いのです。お風呂でのゴシゴシ洗いはニキビに刺激を与え、肌の乾燥を招く最大の原因です。首の後ろのニキビ跡を治したい人は、体の洗い方の見直しも必要になります。首の後ろのニキビ跡に髪のチクチクはNG首の後ろがブツブツで恥ずかしいからと、髪の毛を下してる人は多いと思います。とくに女性に多いのではないでしょうか?ニキビ跡に刺激は厳禁です。とくに髪の毛のような雑菌が多い刺激は悪化の原因。恥ずかしいから髪の毛で隠す気持ちは痛いほど分かりますが、出来るだけうなじや後頭部の生え際にニキビ跡があると人目に付きやすく、かなり目立つので、後ろから見られるのが本当に怖いんですよねニキビ用のクリームを塗ったり、お風呂でやさしく洗ってるのに一向に治らないのは肌奥の真皮層までダメージが広がってるから

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ