背中の茶色いニキビ跡が治らない|1ヶ月で長年の色素沈着を薄くする

背中のニキビ跡の色素沈着を治す

背中の茶色いニキビ跡を最短で消す
1ヶ月で薄くするには…

背中の茶色い色素沈着を治しました茶色い背中のニキビ跡は色素沈着した状態。
実際に私も色素沈着のニキビ跡に悩まされた
一人です。ホントにイヤなんですよね…。

私の場合、10代の頃から悩んでましたから
かれこれ十数年悩んできました。

皮膚科に行っても色素沈着は改善できず、
途中で諦めてしまったんです。
こんな人多いのではないでしょうか?

でも大丈夫。
1ヶ月あればかなり薄くする事ができます。

茶色の背中ニキビ跡は色素沈着してる状態

色素沈着したニキビ跡は治りにくいニキビ跡の種類にもいろいろありますが、
茶色く残ってるニキビ跡は色素沈着の状態。
色素沈着のニキビ跡は治りにくいのが特徴。

色素沈着は角質層の奥に炎症が広がったり、
メラニン色素が定着してるから発症します。

原因は肌の奥にありますから、どんなに綺麗
に背中を洗っても、皮膚科の薬を塗っても、
肌奥の修復に繋がらないから消えないのです

茶色い背中のニキビ跡を治すには、肌奥まで
浸透して炎症を抑え、美白させる事が重要。


⇒すると、短期間でここまで早く治ります。

ニキビ跡は乾燥とゴワつきが大敵

maini42ニキビにもいろいろありますが、背中の色素
沈着したニキビ跡の状態は、乾燥が原因。

肌の内側までがゴワゴワ・バサバサに乾燥してるから、ターンオーバーが狂い、炎症が消えず、茶色いメラニンが定着するのです

背中ニキビが出来る原因はいくつかありますが、ニキビ跡が消えないのは乾燥が原因。

乾燥してる状態は炎症が奥まで広がりやすく
ターンオーバーも正常に働きません。

ターンオーバーが狂うと、古い角質や炎症、メラニンがそのまま残りますから、時間の経過と共に色素沈着して茶色い跡が残ります。


⇒実際の私の写真|跡がここまで治りました

背中の茶色いニキビ跡を早く治す為には

maini43色素沈着したニキビ跡を短期間で治す為には
肌奥の角質層の奥の炎症を抑える事も必要。

皮膚科の薬や市販のニキビ薬で治らないのは
肌奥まで成分が浸透してない事が原因。
これらの薬は肌の表皮部分(表面の下)まで
しか浸透してくれないのです。

色素沈着の原因の角質層は、表皮のもっと奥
にありますから、いくら塗っても効果が無く
茶色いニキビ跡は消えて行かないのです。

ただ、逆に言えば、浸透力が高く、炎症を
抑える薬用クリームを使うと早く消えます。


⇒実際に使った感想|使用前と後の写真です

1ヶ月で本当にニキビ跡は消えるのか?

maini441ヶ月で背中のニキビ跡を完治させるのは
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、
今よりもかなり薄くする事はできます。

というのも、色素沈着が消えない原因の一つ
に肌のターンオーバーの乱れがあります。

茶色い色素沈着のニキビ跡が治らないのは、
ターンオーバーが停滞し、メラニン色素が肌内部に染み付いてるような状態です。

この状態を治すために必要なのが、肌奥まで浸透する薬用成分配合の美白保湿クリーム。

奥の炎症を抑えながら、保湿・美白効果が凄いのでターンオーバーと共に跡が消えます。

私の場合は2週間で効果が出始め、
1ヶ月後には目立たなくなりました。
3ヶ月後には完全に完治したんです。


⇒シミも消える美白効果|実際に使った感想

茶色い背中のニキビ跡を治すには薬用成分を浸透させる事

maini45何度も言いますが、色素沈着した背中の
ニキビ跡は自然に治る事はありません。

角質層の奥の炎症とメラニンの排除、奥の
水分保持を徹底しない限り治らないのです。

これを改善させるのが、超微粒子の薬用保湿

肌奥まで浸透する力を持ち、奥の炎症を抑え
る効果もあります。

私の場合、結婚式をキッカケに使いはじめた
んですが、使用後2週間で効果が表れ、
1~2ヶ月でほぼ目立たなくなりました。


⇒実際に使った後の私の写真がコチラです

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ