背中のニキビ跡の治し方|シミも黒ずみも消す短期集中ケア

とにかく早く治したい!そんな人のための
背中のニキビ跡の正しい治し方を解説。

昔から背中ニキビが繰り返していたけど、
いつの間にかシミのような痕になっていた。
お風呂でも洗ってるのに全然消えない…。

背中のニキビ跡を治したい人の多くは、
間違ったケアをしてる場合がほとんど。

ニキビ跡は普通のニキビと違い、
どんなに丁寧に洗っても、食生活を変えても
ほとんど効果はありません。

ニキビ跡は肌の表面だけでなく、肌の内側に
大きな原因があります。

普通のニキビとニキビ跡の治し方は違います
まずは、今やってるケアの見直しが必要です

こんなケアでは背中のニキビ跡は治りにくい

背中のニキビ跡の間違った治し方

●お風呂で丁寧に洗ってる
●シャンプーの後に体を洗ってる
●とりあえず化粧水を塗ってる
●とりあえず保湿を塗ってる
●薬局や皮膚科のニキビ薬を塗ってる

背中のニキビ跡を早く治したい気持ちは分か
りますが、このようなケアをしていてもほと
んど効果が出なかったハズです。

これらの治し方は初期段階のニキビや、
ニキビ予防のためのケア方法ですから、
色素沈着したニキビ跡にはほぼ効果無し。

背中のニキビ跡を早く綺麗に治すためには
ニキビ跡を治すためのケアを行う事が重要。

背中ニキビとニキビ跡の治し方は違います

ニキビとニキビ跡の違いはシンプル
肌の外側か?内側か?

普通のニキビ、いわゆる白・赤ニキビの段階
は、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が炎症を
起こし、肌表面の毛穴が腫れてる状態です。

逆にニキビ跡は、肌奥の角質層の奥まで炎症
が広がり、メラニン色素が大量に生成され、
角質層の奥に染みついてる状態です。

このように、ニキビ跡は肌の内側まで炎症が
広がり、色素が定着してる事が原因です。

普通のニキビと同じように、肌表面をどんな
にケアしても治る事は100%ありません。

シミようになった色素沈着したニキビ跡は、
肌の内側を修復しない限り治らないのです。

背中のニキビ跡や黒ずみ・シミは炎症性色素沈着

背中のニキビ跡や黒ずみ・シミは炎症性色素
沈着という症状で、ニキビの炎症や乾燥、摩
擦による刺激が原因です。

この炎症性色素沈着は、正しい治し方をすれ
ば、比較的簡単に治す事ができます。

根本的な原因が明確なので、肌の内側の炎症
を抑え、メラニン色素の生成を抑えて排除す
る事で短期間で綺麗な背中の肌に戻ります。

ただし、逆を言えば、正しいケアをしない限
り、治る事はなく、ニキビ跡や黒ずみはドン
ドン悪化していきます。

色素沈着の治し方は皮膚細胞の入れ替え

世の中には『ニキビ跡に効果的な商品』とい
う物が山のようにありますが、実際の所は、
効果が期待できる商品は少ないのです。

というのも、ニキビ跡を治すためには、現在
の痛んで黒ずんだ皮膚細胞を、新しい白い皮
膚細胞に生まれ変わらせる事が必要です。

とくに背中は角質が厚く、乾燥しやすいので
皮膚細胞を生まれ変わらせるには、浸透力の
ある薬用成分でないと効果がありません。

ニキビ跡、とくに背中のニキビ跡の治し方で
一番重要なのは、浸透力の高い薬用成分で、
皮膚細胞を生まれ変わらせる事が重要。

奥の炎症を抑え、潤いを保ち続ける事で、
皮膚細胞の入れ替えが可能になります。

色素沈着したニキビ跡を治すにはターンオーバーを整える事

ニキビ跡はターンオーバーの促進から

先ほども言いましたが、ニキビ跡の治し方で
重要なのは、皮膚細胞の入れ替えなのですが
これを決定づけるのが肌のターンオーバー。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝の事で、
古い角質や皮脂を体外に排出する皮膚機能。

このターンオーバーを促進させる事により、
皮膚細胞の入れ替えができるようになります

ターンオーバーを促進させるためには、
角質層の奥まで広がった炎症を抑えて、
肌の内側から潤いを保ち続ける事。

ニキビ跡を治すために保湿は重要なのですが
肌の奥まで浸透する物でないと無意味です。
現在、保湿を塗ってるけど治らないという人
は、その保湿では肌の内側まで潤って無い事
が大きな原因です。

背中のニキビ跡の治し方で重要なのは美白と潤い

最終的に色素沈着を治すのは美白成分

背中のニキビ跡や黒ずみ・シミを治すために
一番重要なのが、浸透力の高い美白成分。

色素沈着の一番の原因は、メラニン色素が
次々に生成されて、肌奥に染みついてる事。
これを治せない限り色素沈着な治りません。

どんなにターンオーバーを促進させても、
メラニン色素を消さないと、色素沈着した
ニキビ跡は消えてくれないのです。

ターンオーバーを促進して、肌の奥に定着し
たメラニン色素を抑える美白成分を使う事で
ずっと消えなかったニキビ跡が治ります。

肌内部から潤い⇒ターンオーバー促進⇒美白

この流れを作る事で短期間で消えて行きます

背中のニキビ跡の治し方|プラセンタ成分で保湿

美白成分で有名なのは
●ビタミンC誘導体
●トラネキサム酸
●プラセンタ成分

このような成分が美白効果に優れてるますが
背中のような広くて厚い角質にはプラセンタ
が一番最適で、効果が高いでしょう。

ビタミンC誘導体にも色々ありますが、重要なのは浸透力です。浸透力の高いビタミンC
誘導体は値段がメチャ高いんです。

たしかに効果はバツグンですが、背中に使う
となると、かなりの費用が必要になります。

トラネキサム酸も美白効果に優れた成分です
が、浸透力が若干弱いんです。
薄いニキビ跡程度なら効果的ですが、長年消えなかったニキビ跡なら長期間かかります。

一番効果的なのがプラセンタん成分。
とにかく浸透力と美白効果がバツグンです。
ビタミンC誘導体ほど値段も高くありません

プラセンタ成分でできた薬用保湿クリームは
ニキビはもちろん、ニキビ跡や黒ずみ・シミ
まで全ての肌荒れを一気に治せます。

背中のニキビ跡の治し方|早く結果を出す薬用保湿クリーム

実際に2週間で効果を実感

私が実際に背中のニキビ跡を治せたのは、
プラセンタ配合の薬用保湿クリームです。

2週間で赤みがひいていき、2ヶ月目くらい
には、ほぼ目立たなくなってました。
3ヶ月後には完全に完治してましたから。

ニキビ跡を治す商品ってたくさんありますが
実際に結果を体感できる物は多くありません

ターンオーバーを促進させて、美白成分を浸透させないとニキビ跡は消えないのですから
ちゃんと効果のある物を使う事が大切。

背中のニキビ跡の治し方で重要なのは、
どんな美白成分で色素沈着を消すか?
これに尽きるんですよね。

⇒実際に使ってみた感想をまとめました

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ