絹のボディタオルで背中ニキビを軽減|肌にやさしい素材でブツブツを治す方法

絹のボディタオルを使うと背中ニキビの症状が和らぎます。

seni2
 

背中の肌は傷つきやすくてとても繊細です。
ゴシゴシ洗ってしまうと見えない傷がたくさん出来てしまい
皮膚のバリア機能が衰えてニキビが悪化する原因になります。

 

毎日清潔な肌を保つためにお風呂で洗うのは大切なこと。
でも、ナイロンタオルでゴシゴシ洗って肌を傷つけたら
逆に菌が繁殖しやすくなります。

 

seni3

絹のボディタオルを使えば肌を傷つけることなく洗えますし
ニキビが出来にくい肌になっていきます。
泡立ちは少ないですが、肌がツルツルになるのが分かります。

>>>絹のボディタオルを使った人の感想はコチラ

 

絹のボディタオルは刺激を与えず背中ニキビに効果的

seni4

ニキビ肌は刺激をとても嫌います。
特に、お風呂でゴシゴシこする刺激は
皮膚の表面にある皮脂膜を落としすぎてしまい
バリア機能をなくしてしまいます。

 

「ゴシゴシこすらないと洗った気がしない・・・」
という人も多いのですが、
本来、汚れは手でやさしく洗うだけでも落ちます。

 

ですので、絹のやさしい素材で洗うだけで
十分に体の汚れは落とせるんです。
顔の洗顔と同じで、ニキビを治すには優しく洗う事が大切。

 

ナイロンタオルでゴシゴシこすると皮脂(アクネ菌)が大量に出ます

seni5

皮脂膜・肌のバリア機能は
様々な菌から皮膚を守ってくれていて
とても大切な部分です。

 

でも、ゴシゴシこする事で皮脂膜が無くなってしまうと
その下にある角質が空気にさらされてしまいます。
完全に無防備な状態になってしまうんです。

 

senyt2

 

この無防備な状態は肌の乾燥をまねきます。
肌が乾燥すると体は皮脂を多く出そうとします。
これが毛穴に詰まり背中ニキビに発展していくのです。

 

sentiu1

とくに背中の皮膚は薄く、皮脂の分泌量も多い部分。
刺激の少ない絹のボディタオルで洗う事で
背中の皮脂膜を守り、適度な皮脂量に保つ事ができます。

 

また、絹のボディタオルは通気性がよく、
菌の繁殖を抑える事ができます。
ナイロンタオルの場合は通気性が悪く、菌が繁殖しやすいのです。

sentiu2

雑菌だらけのナイロンタオルで傷をつけながら洗っていても
ニキビが治る訳がありませんよね・・・。

>>>絹のボディタオルで洗った人の感想

絹のボディタオルで洗った後は無添加の保湿ケアで乾燥から守る

sentiu3

体をこするボディタオルだけ天然素材のものを使っても
背中ニキビは改善される訳ではありません。
軽減させる事はできますが、治る事は無いでしょう。

 

入浴後はどうしても肌の水分が不足してしまい
乾燥状態になってしまうのです。
背中や体のニキビは皮膚が乾燥する事で発症します。

sentiu4

入浴後は水分の蒸発が激しく、
一気に乾燥していきます。
お風呂上がりに体がかゆくなった経験がありませんか?

 

お風呂上がりは体の保湿をする事が大事。
モデルや芸能人が入浴後に保湿クリームを塗るのも
常に肌をキレイにしておく為なんですね。

 

絹のボディタオルが肌を刺激しないのと同じで
保湿クリームも皮膚に刺激を与えない物を使いましょう。
背中ニキビがひどい人は無添加のクリームが効果的です。

 

sentiu5

市販の多くの保湿クリームには添加物が入っています。
腐らない為に防腐剤や化学成分を配合してますが、
これがニキビに刺激を与えます。

 

背中ニキビができている肌には
無添加で美容成分配合や
ヒアルロン酸・コラーゲン配合のプルプルの物を使いましょう。
驚くほどニキビが治っていきます。

 

絹のボディタオルでやさしく洗い、
入浴後の保湿で肌をプルプルにする事で
背中ニキビは短期間で消えていきます。

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ