背中のピーリングでニキビ改善|保湿効果を与えてさらに短期間で治る。

背中のピーリングでニキビを治す。
さらに効果を高める方法とは・・・・

 
sena12

 

背中のピーリングでニキビが治るということが最近話題になっています。
顔とは違い、背中にできるにきびは見つけにくいことから
気付いたときには、かなりの範囲に広がっていて
以前までの肌とは全く違う感じになっていることも。
そんな姿を周りには知られたくないですよね。

 

自分の背中が乾燥していたり敏感な肌質だとしても
普段は洋服で隠れてしまっているので
肌の状態がわからない方が多いんです。

 

 

背中にきびの原因は、顔に出来てしまうにきびと同じですが
乾燥や肌の手入れを怠ってしまいがちなところなので、
ひとつやふたつじゃ済まない場合があります。

 

自分ではどうしようもない場所だとあきらめて放っておくと
皮膚にクレーターが出来て跡が残ってしまい
後々、後悔してしまうことになってしまいます。

 

こんな風に
↓ ↓
sena13

そんなの絶対にイヤ!!また綺麗な背中を取り戻したい!!

そこで最近ではピーリングというものが注目されています。
皮膚科や美容クリニックで出来るものや、
ジェルや石鹸を使い自宅で簡単にできるものもあります。

 

 

ピーリングはどういうものなの?

皮膚科や美容クリニックで主流となりつつあるケミカルピーリング。
この方法は、皮膚に負担のかかる薬品を使って角質や皮膚の表面
また、皮膚の内部まで薬品を浸透させて人間が持っている皮膚の再生能力で
新たにきれいな皮膚を作り出すような治療です。

sena14

 

簡単に言うと
無理矢理、古い角質・肌を剥がすという方法。

 

人間の皮膚は、およそ28日くらいの周期で奥のほうの細胞が表面へ上がっていき
角質にくると自然になくなっていくようになっています。
このことを、ターンオーバーといいます。

 

sena15

 

ですが、角質のつまりなどがおきてしまうと自然にはがれなくなり
汚れや皮脂がどんどん溜まっていきます。
これが、にきびや毛穴のつまりの原因です

 

ターンオーバーの働きを強制的に薬の力を借りて行うのが
ケミカルピーリングです。

 

自宅で行えるピーリングはピーリング石鹸やピーリングジェルなどがあります。
皮膚科や美容クリニックに通うより経済的で
少しずつ角質を落としてくれるので少々な敏感肌のかたでも肌への影響は少ないです。
また、日ごろの洗い方でいいので無理なく続けられます。
時間がない方でも気軽に出来ていいですよね。

 

 

ピーリングの後は肌が変わる

さて、角質を取るときに肌への影響はどのようなものでしょうか。
皮膚科などでおこなうピーリングも自宅でできるピーリングも
角質などを取るということは先ほど紹介しましたが
ピーリング前と後では肌の状況が全く違います。

 

角質をとるということは肌への刺激があります。
皮膚の表面を剥がし古い汚れを出すので、必要な皮脂まで取り除いてしまうのです。

 

 

皮脂がない状態が続くと、皮膚は皮脂をどんどん出そうとしてしまいます。
そうすると、毛穴がつまりまたにきびの原因を作り出してしまいます。

 

どのようなピーリングの方法でも肌質を変えるということは同じです。
ケミカルピーリングの場合はニキビの症状によっては強い薬を使うので
肌への影響も強くなります。

 

また、ピーリング後は肌の水分量が減少し乾燥しやすくなり肌がカサカサに・・・。
いくらきちんとピーリングをしていても、乾燥を放っておいたら
かゆみが出てきたり、別の肌トラブルを起こしてしまいます。

 

乾燥には保湿することが一番です。
頑張っている肌を乾燥から守ってあげましょう。
そうすることで皮脂の分泌量も調整できより綺麗で強い肌が生まれます。

 

ピーリングを行った後、
ピーリング石鹸で洗った後は
必ず保湿クリームを塗って徹底的に保湿を行ってください。

 

保湿をちゃんとしてあげないと
新しい肌がキレイな状態になる事はありません。
逆に保湿をキチンとしてあげると見違える様な肌に短期間でなります。

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ