背中ニキビをお風呂で治す|入浴時の正しいケア方法

背中ニキビってお風呂の入り方次第で治るものなんです
 
senti10
 

赤いブツブツニキビが背中にたくさん出来ていたら
汚い感じがして、他人には絶対に見られたくありません・・・
清潔にしてれば治るというけど・・・

 

一日の疲れや体の汚れを落とすお風呂。
でも、間違った入浴法でお風呂に入っていると
汚れを落とすどころか余計に汚い肌になってしまいます。

 

背中ニキビをキレイに治すためにはどうすればよいのでしょうか?

 

ゴシゴシ洗いは厳禁!肌を痛めるだけです。

senti12

乾燥していたり、肌が汚れているとかゆくなってしまうことありませんか?
そういう時ってお風呂で力を入れてゴシゴシ洗うと気持ちがいいですよね。
なんか、悪い物を全部そぎ落としてる感じがして。

 

でも、そのせいでニキビを悪化させているかもしれません。

 

肌には角質や皮脂と呼ばれてるものがあります。
古い角質や過剰に出てしまっている皮脂は肌にとっては不要なもの。
皮脂はニキビの原因になりますからね。
でも、皮脂が無くなりすぎると逆にニキビは増えていきます。

 

senti13

角質には肌そのものが持っているバリア機能があります。
水分が蒸発しすぎないように守ってくれるので無いと困りますし、
皮脂は、肌を乾燥から守ってくれる役割があります。

 

でも、あまりにも皮脂が少なすぎると
人間の体は皮脂腺から皮脂をたくさん出そうとします。
このせいで、毛穴が詰まってしまうこともあるんです。

 

皮脂線の中は目には見えない部分なので、加減が難しいですよね。
どれくらいの力加減で洗ったらいいのか分かりません・・・
でも、対処の仕方は意外と簡単です。

 

今、ナイロンタオルや体専用のブラシなどで体を洗ったりしていませんか?
物足りないかもしれませんが、それをやめて手で洗うようにしてください。

 

泡立てネットでしっかり泡立てて
手でゆっくり転がすようにして洗うと
肌を傷つけることなく、毛穴の汚れだけを落としてくれます。

 

senti14

また、使う石鹸は無添加の肌に優しいものを使うと効果的です。
ニキビが出来ている肌は、弱っているので配合されている成分によっては
敏感に反応してしまうことがあります。

 

ナイロンタオルやブラシで洗っていると
力を入れていなくてもにきびが潰れてシミやクレーターとして
肌に残ってしまうことになります。

 

ニキビ跡も治るものですが、通常のニキビよりも時間がかかってしまい厄介です。
そんなことにならないためにも、使う石鹸には気を遣ってくださいね。

 

髪の毛→顔→体の順番で洗う。

senti15

首から上の部分を洗うと
どうしても石鹸の成分が体に残ってしまいがちになります。

 

特にシャンプー、トリートメントは流すときに背中に残ってしまいます。
湯銭に浸かれば落ちるだろうと思っていたら大間違い。

 

お風呂に入ると毛穴が開くので、湯銭に入っても
毛穴の中に入り込んだシャンプーやトリートメントは取れません。

 

なので、体は一番最後に洗ってください。
流し残しは肌が不潔になり菌が増えてしまうとニキビの栄養源となるので
みるみるうちに増えてしまいます。

 

洗う順番を変えるだけでニキビが軽減することだってあるので
是非試してみてください。

 

そして、体を拭くときのタオルにも気をつけてください。
前の日に使ったバスタオルを使う人、たくさんいるようですが
タオルにもたくさん菌が付いています。
いくら綺麗に洗ったからといって菌が付いているタオルで拭いたら意味がありません。

 

毎日変えて肌触りがよいタオルで優しく拭き取るようにしてくださいね。
出来れば、ガサガサしてる物ではなく、
肌触りが良い、柔らかいタオルが良いでしょう。

 

入浴後の保湿をしないと意味がない!!!

見落としがちな入浴後
実は背中ニキビを治すには一番重要

senti11

正しい洗い方をしていれば毛穴の汚れや不要な皮脂が落ちて綺麗になりますが
入浴後が一番乾燥しています。
乾燥は肌に良いことが一つもありません。

 

肌が乾燥すると、
皮脂が大量に分泌されます。
これが、背中ニキビの最大の原因。

 

水分を失われた肌にはすぐ保湿クリームで潤いを与えてください。
石鹸と同様に肌に優しい無添加のものを使うと
劇的に背中ニキビは治って行きます。

 

逆に入浴後の保湿をしないと意味がありません。

 

毎日の積み重ねが背中ニキビを治す一番よい方法です。
病院やエステに通うことなく、
お風呂での入浴方法やその後のケアを変えるだけで簡単に治ります。

 

>>>背中のニキビ跡だって治す保湿クリームとは?

 
 
 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ