背中ニキビに効く石鹸は?|正しい洗い方とケア方法

背中ニキビに効果的な石鹸ってあるの?

sena36

背中のニキビって知らぬ間に出来てます・・・
シャンプー・リンスやボディーシャンプーの洗い残しがあったり、
背中は手が届きにくいところなので
綺麗に洗えなかったり、力加減も難しいです。

 

ナイロンタオルでゴシゴシと強く洗ってしまったら
皮膚が強い刺激を受けてニキビが悪化してしまいます。

 

また、今はいろんな石鹸やボディーソープがあって
自分に合うのはどの製品なのかわからないですよね。

 

使ってみたら赤くなったりかゆくなったり・・・。
また、必要な脂分(皮脂)まで取り除いてヒリヒリしたり・・・
一向に背中のニキビが治らなかったり・・・

 

このような時には既に肌が拒絶反応を起こしています。
ニキビなどの肌への影響があるかもしれません・・・。

 

 

背中ニキビに効く石鹸の特徴とは?

sena37
石鹸といっても種類がたくさんありすぎて
どれを使えばいいのかわかりませんよね。
石鹸だけでなくボディーシャンプーの存在もありますし・・・
では、どういったものがあるのでしょうか。

 

ニキビが出来ている肌はとても敏感で
表面が弱くなっています。
洋服などによる摩擦で赤みが増したり、痒みが出たりする方もいます。

 

そんなとき、今まで使っていた石鹸を使っていると
余計に症状が悪化してしまう可能性もあります。
なので、弱っている肌をなるべく刺激しないように
無添加で弱アルカリ性の赤ちゃんにも使えるようなもの
を選ぶとよいでしょう。

 

とくに注意すべきは市販のボディーシャンプーです。
天然成分の固形の石鹸と違い、界面活性剤という成分が含まれてます。

 

界面活性剤は食器用洗剤などに使われる成分で
たしかに汚れを落とす効果は凄いのですが
人体の場合、必要な皮脂まで落としてしまうのです。

 

ただ界面活性剤を使うと
低コストでシャンプーやボディーシャンプーが製造できる為
市販のお手頃価格の商品には使わざるをえないという状況なのです。

 

いろんな専門家が
「背中ニキビができた際は無添加の固形石鹸で洗い、保湿するとイイ」
と言ってるのはこのためです。

 

>>>背中ニキビに効く無添加石鹸の人気商品はコチラ

 

また、ニキビにはピーリング石鹸が良いといいますが
敏感肌や乾燥肌の人にはあまりおすすめできません。

sena38

 

皮膚科や美容クリニックで行うピーリングよりも
自宅用のピーリング石鹸は肌への刺激は少ないですが
ピーリング石鹸に含まれている酸が肌に合わなかったら逆効果になってしまいます。
一度使っただけでも、肌への影響が大きかったら
ニキビが広がってしまいます。

 

 

酸は肌への刺激が強いので
普通肌か肌が強い人が使用するべき商品で
敏感肌や乾燥肌の人が使うととんでもない事になります。

 

詳しくはコチラの記事>>>ピーリング石鹸は逆効果になる事も

 

 

 

洗うときに気をつけたほうがいいことは?

sena39

ボディーソープなどでありがちですが、
ポンプを押しすぎて多めにとってしまった経験ありませんか?
石鹸を使うときも注意してください。
あまり多く使ってしまうと無添加のものでもきちんとお湯や水で流れません。

 

まず必ず泡立ててから洗いましょう。
肌は暖かいと毛穴が開きます。
泡立てていないと開いた毛穴に残ってしまうこともありますし、
きちんと汚れが落ちません。

 

そして、ゴシゴシと洗うのではなく、優しく泡立てた泡を転がすように洗う
毛穴の中の汚れも綺麗に落ちます。

 

 

また体をこするタオルはナイロン製のガサガサしたものではなく
手ぬぐいのような柔らかい生地がオススメ。
柔らかいタオルでも十分に汚れは落ちるので安心して下さい。
最後にお湯で入念に洗い流してください。

 

 

 

洗った後は肌へのケアを忘れずに。

背中や肩・腕のニキビでのケアで最も重要なのは
体の洗い方よりも、入浴後のケアが大切です。

sena40

 

お風呂からあがったら必ず無添加の保湿クリームを塗る事。
とにかくコレだけは徹底してください。

 

 

保湿を怠ると
どんなに良い石鹸を使っても、
どんなにやさしく洗っても
入浴後の保湿を怠ると意味がありません。

 

入浴後は必要な皮脂までなくなってしまいます。
この皮脂がない状態が続くと体は皮脂をどんどん作り出してしまいます。
これではニキビの原因のアクネ菌がさらに増殖する結果になります。

 

また、皮脂が少ない状態が続くと
乾燥した肌になっていきます。

 

肌が乾燥するとニキビは出来ないんじゃないの?
なんて思うかもしれませんが、
実はその逆で、乾燥肌・敏感肌を招きます。

 

肌にとって適度の皮脂は必要です。
これは肌のバリア機能を保つ為で
皮脂が少ない状態だとガサガサ肌になります。

 

肌表面がガサガサで硬くなてくると
毛穴まで硬くなり、毛穴周辺がコチコチになります。
こうなると皮脂が詰まり、肌表面は潤ってない状態になります。

 

肌表面に潤いが無くなれば
体はさらに大量の皮脂を出します。
だけど毛穴は詰まっているから皮脂も溜まって炎症を起こし
赤く腫れたニキビになっていきます。

 

その予防の為に必ず保湿をしてあげましょう。
保湿することで、皮脂の分泌を調整し乾燥から守ることで
ターンオーバーの改善も期待できます。

 

毎日ケアするとより綺麗で強い肌を自分の手で作ることができますよ。
 
>>>背中ニキビを治す 正しいお風呂の入り方一覧

 
 
 
 

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ