背中のニキビ跡が治る|メラニン色素を内側から消すクリーム

何年も消えなかったニキビ跡やシミに
yaku2

背中のニキビ跡やシミといったメラニンの色素沈着を内側から薄くして治すのが、プラセンタエキス配合の水溶性薬用クリームです。

美容皮膚科などで使用されるプラセンタエキスが主成分で、肌奥の角質層の奥まで浸透する効果があります。

角質層の奥まで浸透して、保湿成分・美白効果を発揮させ、ターンオーバーを促進。ニキビ跡・シミの原因であるメラニン色素をドンドン体外に排出させるから早く治ります。

背中のような広い範囲のニキビ跡やシミを短期間で治すのに最適な薬用クリームです。


⇒2週間で効果を実感|使用した感想コチラ

ニキビ跡を治すにはメラニン色素を排除する事

ニキビ跡を消すのはメラニンを消す事

ニキビが悪化して炎症が広がり、角質層の奥の真皮層にまでダメージが広がると、メラニン色素が発生してしまい、ニキビ跡のような色素沈着した状態になってしまいます。

また、紫外線の浴びすぎや色素沈着が進行すると、真っ黒のメラニン色素が定着してしまい、シミとなり治すのが困難になります。

そんなニキビ跡やシミを短期間で治すには、肌奥に美白成分を浸透させて、メラニン色素を体外に排除させる事が必要になります。

皮膚科のレーザー治療やケミカルピーリング、美白ケアといった治療は「メラニン」をいかに薄くしていくかという治療なんです。


⇒実際に使用した感想をまとめました。

肌奥のメラニン色素を消す成分とは?

通常、肌内部に定着したメラニン色素を消すのは比較的難しく、皮膚科で処方される薬を塗ってもニキビ跡やシミは治りません。
(保険適用の薬の場合です)

肌奥に定着したメラニン色素を消すには、

  • 高濃度ビタミンC
  • ハイドロキノン
  • プラセンタエキス

というような美白成分を肌奥まで浸透させる事が必要になります。これが難しいんです。

皮膚科のレーザー治療でもピーリング治療でも、最終的には高濃度ビタミンCやハイドロキノン、プラセンタエキスを浸透させます。

ただ、問題はこれらの成分は費用が高い事。

高濃度ビタミンC(ピュアビタミンC)、ハイドロキノンは効果は高いですが費用もかなり高いので、背中のような広い面積に使用するには相当な出費が必要になります。

そこで開発されたのが、プラセンタエキスを主成分とした薬用クリーム。

値段は上記の3つの中では一番安価で、ニキビ跡やシミを消す効果はかなり高いです。
背中や腕のニキビ跡対策には最適なんです。


⇒実際に使用した感想をまとめました。

皮膚科でも治らなかったという人に最適

保険適用の治療(薬)では難しい

皮膚科に通院してるのにニキビ跡が治らないという人はかなり多いです。これは皮膚科で処方される薬(保険適用の薬)には、浸透力がほぼ無いので、角質層の奥の真皮層のダメージを治す事ができません。

とくにニキビ跡やシミといった色素沈着の原因であるメラニン色素は、角質層の奥の真皮層に定着しますから、この部分まで浸透する成分でないと、ニキビ跡は消せないのです。

その点、この薬用クリームはプラセンタが主成分で肌奥までシッカリと浸透します。

皮膚科に通院しても全然治らなかったという人が実際に治せてる実績があるクリームです


⇒2週間で効果を実感|完治するまでの経過











人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ