背中ニキビを改善させる運動|忙しい人ほど正しい知識が大事

und1背中ニキビの改善・予防には適度な運動をする事が効果的だと医学的にも証明されてます

運動する事で体の血流をスムーズにし、新陳代謝が上がり、肌のターンオーバーが適正周期で行えるようになるからです。

とくに背中ニキビで悩む人の多くは、血行不良や内臓機能が低下してる場合が多いので、適度な運動で体全体の代謝を上げましょう。

今回はどのような運動が背中ニキビの改善に適しているか種類別に解説していきます。

有酸素運動は必ず取り入れるべき

und5有酸素運動、つまりウォーキング・ジョギング・サイクリング・スイミングといった運動は血流改善に非常に効果的です。

酸素を体内に多くとりいれる有酸素運動は、血中の脂肪を燃焼させ、血をサラサラにしますから、体のすみずみまで新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーも正常になります

ターンオーバーが正常に戻っていくと、古い角質や汚れ体外に排出されるので、背中ニキビができにくい肌を作ることができます。

また、有酸素運動は精神状態をスッキリさせる効果が高く、ストレス解消にもってこい。

背中ニキビはストレスの蓄積も大きく関係してるので、自律神経を整えるためにも有酸素運動はかなりオススメの運動です。

オススメはスイミング

有酸素運動の中でも、背中ニキビを治すためにはスイミングが効果的です。

水泳は背中の筋肉を継続的に大きく動かしますから、血流改善に大きな効果を発揮します

ただし、海水浴など外で泳ぐ場合は危険。
紫外線の影響でニキビがニキビ跡やシミのような色素沈着を起こします。

背中ニキビを治すためにスイミングをするのであれば、できるだけプールのような紫外線が当たらない場所で行ってください。

無酸素運動の筋トレには注意が必要

筋トレは活性酸素を生み出す

美しいボディラインを作るためには筋トレは非常に効果的なのですが、ニキビに関して言えば逆効果になる可能性が高いのです。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は違い、筋トレのような無酸素運動は体内に活性酸素を発生させてしまいます。

活性酸素はシワやシミ、肌荒れの原因となり、皮脂を酸化させて炎症を起こしてしまいます。この皮脂の酸化こそニキビの原因。

実際に筋トレを頑張ってる人の中には、背中や肩のニキビが悩みという人は多いのです。

筋トレのような無酸素運動は、背中ニキビを治すために行うというのは間違ってます。

活性酸素は老化の一番の原因にもなります。
詳しくは「40代の背中ニキビを治す|活性酸素とターンオーバーが原因」の記事にて

運動後の汗の処理こそ背中ニキビを治す決め手

有酸素運動で軽く汗を流した後は、キチンと毛穴の奥から汚れや汗を落としてください。

運動や食事などに気をつけてるけど、背中ニキビが治らないと言う人のほとんどは、この汗残りが最大の原因となってます。

顔・背中は体の中でも一番汗腺が多い場所。
つまりドンドン皮脂が放出されてる場所ですから、運動後は毛穴に詰まった皮脂を綺麗に落とさないとスグにアクネ菌が繁殖します。

この運動後の汗のケアは非常に重要で、背中ニキビを早く治す場合は、肌にやさしいニキビ用の石鹸で洗うと短期間で治っていきます

運動後の毛穴の開きはチャンス!!

運動後、毛穴は大きく開いてます。これは毛穴の奥まで詰まった皮脂や汚れを落とすチャンスでもあります。

ただ、普通の石鹸やボディーシャンプーで洗うと逆に化学成分や石鹸カスが詰まってしまいますので、ニキビ用の石鹸の泡で毛穴の奥まで洗う事がポイントです。

⇒実際に私が使ってる安めのニキビ用石鹸

有酸素運動とスキンケアを同時に行う事

運動とニキビケアはどちらも大事

背中ニキビはいろんなニキビの中でも治すのが一番難しいと言われています。

手が届きにくく、見えにくいのでケアが難しい上に、乾燥しやすく皮脂量が多いという非常にニキビが悪化しやすい場所なのです。

現在、背中ニキビのブツブツで悩んでる人はお風呂での石鹸を見直す事も重要ですし、ニキビ跡やシミで悩んでる人は、肌の奥に定着したメラニン色素を除去する事も大切です。

背中ニキビの予防なら運動だけでも十分ですが、「ニキビを治す」という事であれば、やはりニキビケアと同時に行うのが効果的です

⇒背中ニキビ跡の薬用クリーム|使用した感想






人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ