保湿で治るはウソ?本当?|背中ニキビ跡を治せない5つの条件

LINEで送る
Pocket

背中のニキビ跡は保湿で治るのか?

お風呂上がりに保湿クリーム塗ってるのに
背中ニキビやニキビ跡が全く消えない…
このような感じで悩んでませんか?

voice2背中ニキビやニキビ跡・シミなどを治す際、
一番重要なのが保湿だと言われています。
皮膚科の先生だって保湿してと言う位です。

ですから多くの人が、お風呂上がりにニベア
とか、いろんな保湿クリームを塗ってると思
いますが、実はほとんどの人が治ってません

これには、効果が出ない理由があります。

当たり前ではありますが、効果の無い物を
いくら毎日塗ったとしても背中ニキビや跡は
間違いなく治りませんし、逆に進行します。

今回は「こんな保湿では治らない」という
5つの条件を分かりやすく解説します。

そもそも、本当に保湿で治るのか?

puruu1
はい。間違いなく綺麗に治ります。

これは皮膚科医業界でも言われる事ですが、
背中ニキビやニキビ跡、シミや黒ずんだ様な
色素沈着の症状は保湿する事で消えます。

ただしここで問題になるのが、使用する保湿
成分によって、効く物と効かない物があり、
効かない物を毎日使っても治らないのです。

ニキビ・跡・色素沈着を治せる保湿とは、
浸透力が高く、薬用成分で殺菌しながら
美白効果と保湿効果が優れてる物です。



⇒例えばコレ|実際に使用した結果の写真

ニキビ跡を治せない保湿の5つの条件

atoniki.46jpgこんなの使ってるなら見直しが必要かも

  • 殺菌作用成分が入ってない
  • 浸透力が弱い
  • ベタベタ感が強い
  • 無添加ではない
  • 美白成分が入っていない

背中ニキビやニキビ跡は非常にガンコです。
上記のような保湿を使用してる場合は、
おそらく、ほとんど効果が無いでしょう。

殺菌作用が無ければアクネ菌は消えません。
浸透力が無ければ、肌の奥から治せません。
ベタベタ感がある物は使い続ける事が困難。

無添加でないと、肌への浸透力が弱いです。
そして一番重要なのが美白成分。
ニキビ跡や色素沈着を治すのに必要不可欠。

どうでしょうか?こんな保湿使ってません?


⇒私が使用した薬用保湿|3ヶ月後の写真

コレ大事!なぜ保湿で背中ニキビ・跡が消えるのか

heru1保湿をする事で、ニキビ・跡の周りの
角質が柔軟になり、古い角質や皮脂が
落ちやすくなり、ゴワゴワが消えます

つまり、まず乾燥を防ぐ事によって、
肌の代謝が上がりターンオーバーが
促進されて、新しい皮膚が生まれます

また、肌奥まで保湿状態を保つ事で
ニキビの赤みやニキビ跡、色素沈着
を消す際に絶対必要な美白成分が、
角質層の奥までグングン浸透。

すると、美白成分の効果により、
ニキビの赤みや、ニキビ跡・シミの
色素沈着の原因であるメラニンが、
体外へ排出され、早く治ります。

この時に重要なのが、保湿成分の
浸透力と薬用効果がカギになります

背中ニキビ、ニキビ跡、シミなどは
肌の奥に原因があるので、肌奥まで
浸透して美白効果を与える保湿成分
を使う事が最低限の条件になります


⇒実際に使用して感想をまとめました

全国の皮膚科医が絶賛|ニキビ跡を治せる保湿

siyoju皮膚科医が絶賛した薬用保湿クリーム

病院では処方されてない薬用保湿ですが、
背中の厚く硬い角質層にもスーッとなじみ、
奥まで浸透してニキビや跡を早く消します。

美容皮膚科でも使用されるプラセンタ成分
病院や皮膚科で使われるグリチル酸2k
この2大成分を主成分とした薬用保湿。

10年以上消えなかったニキビ跡にも

角質層の奥の真皮層まで浸透できる数少ない
プラセンタ成分を大量に配合してるので、
何年も消えなかったニキビ跡も消す事が可能

また、プラセンタ成分の美白効果は非常に
優れているので、赤茶色のニキビ跡やシミも
塗るごとにドンドン薄くなっていきます。


⇒実際に使った結果|ビフォーアフター画像





















背中のニキビ跡に効く保湿をお探しの方へ

インターネットの質問掲示板などを見てみると、10代の中学生や高校生の人達を始め、成人した女性や男性全員が背中ニキビやニキビ跡・シミとか黒ずみの色素沈着に悩んでる様です。その中でも多いのが、「背中ニキビ跡は本当に保湿すれば治るのか?」という事です。多くの雑誌や書籍、ネットの情報では保湿する事が背中ニキビを治す一番簡単な方法と言われていますが、実際には、多くの人が治す事ができていません。なぜか?これには多くの理由がありますが、その中の一つに、市販薬で近所のドラッグストアや薬局で簡単に買える保湿を使ってる傾向が高いです。例えば、ニベアの青カンとアロエクリームとかオロナインとか。中にはザラプロやニノキュア、アットノンやフェルゼアなどに過度の期待を込めて買う人がいますが、間違いなく治っていません。ぶっちゃけて言うと、このような保湿や角質軟化剤では背中ニキビやニキビ跡・シミや黒ずみのような色素沈着の症状は消えないのです。また、皮膚科で処方される薬にも保湿効果がありますが、コレも保湿効果が弱く、美白成分が無いのでニキビ跡や色素沈着を消す事ができません。やはり保険適用の薬では、色素沈着を治す美肌成分は入っておらず、もし病院やエステでシミや色素沈着を治そうと思ったら、レーザー治療やケミカルピーリングの施術を受けるしか方法は無いのです。この場合、費用がかなり高くなりますから、病院やクリニックによっては何十万円も値段がかかります。今まではこの方法でしか背中のニキビ跡やシミ・色素沈着は治せませんでした。しかし、今では水溶性プラセンタやグリチル酸、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分を大量に配合してる保湿クリームがあります。プラセンタエキスの浸透力は凄まじく、一般的には治せないと言われてる角質層の奥の真皮層を短期間で修復し、凸凹や大きなブツブツを素早く平らにしてツルツルの肌に治してくれます。また、肌奥の真皮層部分に浸透する事で、肌の外側だけでなく、内側からも潤いを保ち続け、美白成分をドンドン送り込みますから、大量に発生したメラニン色素を体外へ排出して、メラニンの生成自体を抑える事ができます。この効果により、背中や二の腕、デコルテやお尻のニキビ跡やシミ・黒ずみといった式と沈着の状態が短期間で綺麗に治ります。症状は人それぞれですから一概にはいえませんが、早い人で1ヶ月~2ヶ月。普通なら3ヶ月程度あれば綺麗に治す事が可能です。

LINEで送る
Pocket

人気の関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ